Appleデバイスを紛失した際に、どこにあるかを確認できる「探す」アプリ。それ以外にも家族や友人に自分の位置情報を共有することもできます。待ち合わせの際や、無事に帰宅したかどうか把握したいときなどに便利です。今回は、「探す」アプリで自分の位置情報を共有する方法をご紹介します。

家族や友人と自分の位置情報を共有する

まずは「探す」アプリで自分の位置情報の共有を許可しましょう。「探す」アプリを開いて「自分」タブをタップし、「自分の位置情報を共有」をオンにします。そして、「人を探す」タブをタップして「位置情報の共有を開始」を押します。

▲「探す」アプリを開いて、「自分」タブをタップ。「自分の位置情報を共有」をオンにする(左)。「人を探す」タブを押して「位置情報の共有を開始」をタップ(右)

位置情報を共有したい相手の電話番号などを入力して「送信」をタップします。位置情報を共有する時間を選択すると、共有完了です。

▲宛先を入力して「送信」をタップ(左)。位置情報を共有する時間を選択(右)

特定の人と位置情報の共有をやめる

特定の人との位置情報の共有を停止するには、「人を探す」タブで共有した人を選択します。画面下部から上にスワイプして「自分の位置情報の共有を停止」を押し、確認画面で「位置情報の共有を停止」をタップします。

▲共有した人をタップ(左)。画面下部から上にスワイプし「自分の位置情報の共有を停止」を押して、次画面で「位置情報の共有を停止」を押しましょう(右)

すべての人と位置情報の共有をやめたい場合は、「自分」タブの「自分の位置情報を共有」をオフにすればOKです。

Gallery: さっと確認!「探す」アプリで居場所を共有:iPhone Tips | of 4 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>