ロジとハーマンミラーのゲーミングチェアは21万円、エンボディ Gaming Chair 発売

12年保証

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年07月23日, 午前 09:54 in news
0シェア
FacebookTwitter
Embody Gaming Chair
Herman Miller/Logitech

開発発表だけでゲーマーと座り仕事勢をざわめかせた「ハーマンミラーとLogitech Gのゲーミングチェア」がついに正式発表を迎えました。

製品名は『ハーマンミラー x ロジクールG エンボディ ゲーミングチェア』。アーロンチェア等で知られるハーマンミラーの高級ワークチェア エンボディを基に、ロジクールGのインプットでゲーマー向けたカスタマイズや新機能を加えた製品です。

価格は21万4225円。うわ高!強気設定なんじゃないの?と思ってしまいそうですが、企業の生産性に直結する実用品として定評あるオリジナルのエンボディチェアは23万2100円(税込)。

ゲーミングだからと無意味に上乗せした価格ではなかった一方、ベースがハーマンミラーのなかでもガチな上位モデルでもともと高かったため20万円台になったようです。

Gallery: Embody Gaming Chair | of 24 Photos

  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech
  • Embody Gaming Chair
    Embody Gaming Chair
    Image Credit: Herman Miller/Logitech

エンボディチェアの特徴は、椅子がユーザーの体にあわせて最適な姿勢を支える多数の調整機能を備えること。

座面の高さは言うに及ばず、背もたれのリクライニング範囲(思い切り倒れるか支えるか)、リクライニングの抵抗、座面の深さ(前後)、さらには背骨にあわせて背もたれの曲面も調整できます。(ノブを回すと腰のあたりが前に来てS字に支えるようになる)。

ゲーミングでもマウス作業でも重要なアームレストは、高さのほか位置(幅)も調整可能です。

ゲーミング向けの調整としては、背もたれや座面のクッションをより支持性能の高い新素材に変更したほか、熱がこもらないよう銅を使用した素材で伝導を図っています。

Embody Gaming Chair
Herman Miller/Logitech

同時に発表された机「オーグメントレシオ ゲーミングデスク」は22万3390円。

こちらは座ったままアクセスできるタッチスイッチで簡単に高さを無段階に調節できる点が特徴。高くすれば1.25mまで上がります。最大リフト重量90kg。

載せるゲーミングギアを傷つけず滑らないソフトマット仕上げ、画面に集中できるアンチグレア、ケーブルマネジメント、デスク下にケーブルハウジングトレイなど。こちらは近日発売。

エンボディ ゲーミングチェアも、オーグメントレシオ ゲーミングデスクも 12年保証。

絶対値としてはどう考えても安いものではありませんが、とはいえ従来から20万円クラスで信頼と実績あるエンボディチェアであることを考えれば、長時間のプレイでパフォーマンスを少しでも維持したいeスポーツゲーマーやチームはもとより、仕事も長時間座っていて「いつかは高くてもちゃんとした良い椅子が必要になるだろうな」と思っていたゲーマー、先達から「歳とって腰を痛めたら悲惨だよ。体が資本なんだから椅子には投資しておかないと泣くよ」と脅されて怯えていた向きにも気になる製品です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: news, gaming, gear
0シェア
FacebookTwitter