Disney Plus Loki
Disney

Disney+ オリジナルドラマ『Loki』(ロキ)のシーズン2配信が確定しました。

『ロキ』はマーベルの映画『アベンジャーズ』シリーズなどでおなじみ雷神ソーの弟、アスガルドの王子にして裏切りの神ロキが主人公として活躍するシリーズ。ロキは映画と同じトム・ヒドルストンが演じます。

配信オリジナルながら単なるスピンオフや外伝ではなく、2008年のアイアンマンに始まるマーベル映画とおなじMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に属する作品として、今後のMCUの展開を準備する役割でもあります。

 (注意:次の段落で、2021年7月14日に配信されたシーズン1最終話エピソード6について若干触れます。シーズン1のストーリー展開自体にはまったく関係がありませんが、もし追っていてこれから最終話というかたはぜひ先にご覧になってください)

Disney Plus Loki
Disney

シーズン2の配信が明かされたのは、7月14日に配信されたばかりの最新エピソード、シーズン1最終話『とわに時を いつでも』(For All Time, Always)終了後のエンドクレジット中。

いかにもマーベルらしいポストクレジットシーンでロキの調書が映ったと思えば、ターン!と真っ赤なスタンプで「LOKI WILL RETURN IN SEASON 2」の文字が押される演出でした。

ディズニーは配信サービスDisney+の目玉として、スター・ウォーズと並んでマーベルのオリジナルコンテンツ、特にMCUドラマシリーズに力を入れており、すでに配信された『ワンダビジョン』も『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』も非常に高い評価を得ていますが、シーズン2が正式に予告されたのは『ロキ』のみです。

一方、シーズン2の配信時期や内容についてはまったく情報なし。シーズン1で導入されたタイムパトロール組織TVA、Time Variance Authority はMCU版マルチバースの概念を物語の主軸に据える設定でしたが、今後の劇場映画も含むMCUフェイズ4でどのような扱いになるのか、どう活かされるのかも注目です。

ディズニーはMCU映画『ドクター・ストレンジ』の続編、『Doctor Strange in The Multiverse of Madness』を2022年5月に公開予定。トム・ヒドルストン演じるロキも登場 します。 するはずです。