30日駆動可能なシャオミのスマートウォッチ「Haylou Solar LS05」を試す

日本語対応・水没OK・睡眠センサーあり!

大和哲(Yamato Satoshi)
大和哲(Yamato Satoshi)
2020年07月16日, 午後 12:45 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
Haylou Solar LS05
▲これがコスパだ! といいたい『Haylou Solar LS05』なのです

株式会社TMネットワークがGREEN FUNDINGにて、Xiaomi youpin(小米有品)のスマートウォッチ『Haylou Solar LS05』日本語対応版のクラウドファンディングを実施中です。この原稿を書いている2020年7月12日現在、35%OFFの5060円プランはもう枠が埋まってしまいましたが、30%OFFの5450円プランなどはまだ空きがあります(本来の価格7780円(送料・税込))。

■超コストパフォーマンススマートウォッチ「LS05」

この『Haylou Solar LS05』は、小米傘下の、良質な生活用品を取り扱うECサイト「小米有品」から発売され、グローバルで人気となったスマートウオッチです。なお、「Solar」という名前が付いていますが、太陽電池が付いているというわけではありません。サンプル機をお借りしたのでそのインプレッションをお届けします。尚、サンプル機は日本語に対応していないためこの記事で表示されているUIは英語表記となっています。

LS05
▲今日の天気は曇りのち晴れ~♪ ここからsolarなのでしょうか、知りませんが。

この『Haylou Solar LS05』の注目ポイントは、なんといっても超ハイコスパ! 5千円かそこらでこれだけの見栄えと機能を持つスマートウォッチなんて世界中見てもそうありません。ラウンドシェイプの本体は、マットブラックのメタル素材でできており、シンプルでクールです。

LS05
▲シンプル&クール! 前代のLS01はスクエアでしたが、LS05はラウンドタイプです。

バンドは22mmのシリコン製。うーん……これはちょっと安っぽいので、気に入らなければ、取り替えてしまってもよさそうです。22mmの腕時計バンドなら市販品で探すことができます。

LS05 side
▲サイドにはトグルスイッチがひとつ

竜頭に似せた、トグルスイッチがひとつ。これとスクリーンのタップ、スワイプで『Haylou Solar LS05』を操作します。画面サイズは、1.28インチ。スマートウォッチによくあるOLEDではなくTFT液晶ディスプレイです。とはいえ、バックライトがかなり明るいのか、ある程度明るい昼間でも問題なく盤面を読めます。

LS05
▲割と明るい日の下でもちゃんと盤面は読めます。

画面はオールウェイズ・オンではなく、画面を上に向けたときや、竜頭を押したときにONになります。とはいえ、加速度センサーが敏感なのか、ちょっと自分にウォッチフェイスを向けただけでも表示されますし、視野角もすさまじく広い(上下角180度近いのじゃないでしょうか?)のでまったく不便は感じさせません。

LS05_watchface
▲ウオッチフェイスはデジタル3、アナログ2タイプから選べます。

一番見やすいのはデジタルタイプですが、端から見て、腕時計として違和感がないのはアナログタイプなのはちょっと悩ましいところです。

LS05_Back
▲本体裏側は少し出っ張りっていて、脈拍などの計測を行うレーザー発光・受光部があります。その横は充電端子。

『Haylou Solar LS05』のバッテリー保ちですが、スペック的には一度の充電で約30日間、就寝時に心臓モニタリングを使用した場合でも約15日間ほど。さすがにレビューでは、そこまで長期間試せなかったものの、5日間で20%程度の電池消費なので実際そのくらいになりそうです。

そうそう、バッテリー保ちが半分になるとはいえ、購入した方にぜひやってみてほしいと筆者が思うのは、『Haylou Solar LS05』による「良い睡眠アドバイス」。

このスマートウォッチを付けたまま寝て、センサーに睡眠の質を計測させるのです。すると、起きたときに、何時間、深く寝て浅く寝たかが盤面に出てきます。

LS05
▲LS05によれば7時間19分深く眠っていたそうです。ずいぶん眠りが深いのね。

そして、この『Haylou Solar LS05』にリンクするスマホアプリ「Haylou Fit」が私の睡眠クオリティを解析しアドバイスしてくれます。曰く、『“遅すぎる”22時前に眠りに落ちる最善の時間は、体の免疫系が減少し、老化を加速させることがあります』……たぶん22時過ぎは眠るには遅すぎると言うことでしょう。日本語版ではこの辺りの翻訳はキチッと直ることを期待しましょう。

LS05app
▲そりゃあまぁ、私だってね、10時には寝たいんですけどね。

そうそう、スマートウォッチですから、スポーツウォッチやスマートフォンの通知デバイスとしての機能も持ち合わせています。

まず、スポーツウオッチ機能。こちらは、並のスマートバンドより多い12種のスポーツに対応しています。

LS05
▲「ジョギング」「ウォーキング」「サイクリング」「登山」「エアロバイク」「ヨガ」「インドアランニング」「インテグレーティッドトレーニング」「ジムナスティクス」「バスケットボール」「サッカー」「ローイング」でしょうか。

IP68の防水防塵に対応していますから、ワークアウト中の汗や雨はもちろん・日常生活でかかる水・しぶきどころか、万一水没しても大丈夫。安心ですね。

通知機能に関しては、Gmail、Facebook、Twitter、LINEといった有名どころのアプリに関してはワンタッチで、スマホのアプリから通知を有効にすることができます。

LS05_アプリ通知
▲さすがに「メッセージ+」などはありませんが、有名どころは押さえています。

『Haylou Solar LS05』の画面の大きさと、明るさのおかげでメッセージの内容も非常に見やすく便利です。正直、この機能は大助かりです。

LS05
▲そう、このLS05の通知画面は視認性が非常に良いです。mibandとは違うのだよ!という感じ。

そうそう、この『Haylou Solar LS05』をコントロールするには対応アプリとなる「Haylou Fit」が必要ですが、こちらも完全日本語化対応予定になっています(現在も日本語表示できますが、日本のスタッフが校正、アップデート予定)。

この『Haylou Solar LS05』と「Haylou Fit」、ちゃんとした日本語版になったらどれだけ便利な有能グッズになるのか、なんだか、今からワクワクしますよね。気になる方は、ぜひチェックを!

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: greengadget, xiomi, Smartwatch, Health, news, gear
0シェア
FacebookTwitter