パナソニック、ミラーレスカメラ「LUMIX」のPC接続ソフトを改良。ライブ配信をしやすく

ベータ版のため動作保証やユーザーサポートの対象外

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年06月9日, 午前 08:00 in cameras
0シェア
FacebookTwitter
LUMIX Tether for streaming(Beta)

パナソニックは6月8日、ミラーレスカメラ「LUMIX」をストリーミング配信用カメラとして使用できるようにするPC向けのソフトウェア「LUMIX Tether for Streaming(ベータ版)」を無料公開しました。

LUMIX Tether for Streaming(ベータ版)は、既存のLUMIX Tether(ver.1.7)をベースに、需要が高まりつつあるストリーミング配信用途に特化して改良を加えたもの。対応するカメラ(下記)とWindows 10 PCをUSBケーブルで接続するだけで使用できます。

LUMIX Tether(ver.1.7)では、対応カメラとPCをUSBケーブルで接続し、ソフトウェアを起動することで、カメラのライブビュー映像や制御パネルなどをPCの画面に映し、リモートコントロールすることが可能でしたが、LUMIX Tether for Streaming(ベータ版)では、カメラのライブビュー映像のみを画面に表示できるようになったことがポイントです。

LUMIX Tether for Streaming(ベータ版)にて追加したLIVE VIEWモードをONにすると、制御パネルやAF枠が非表示となり、カメラのライブビュー映像のみが表示される仕様です。

パナソニックによると、『PCの画面をキャプチャーしてストリーミング配信をする』といった用途を想定しており、LUMIXをストリーミング配信用のカメラとして使うには、他社が提供するライブストーリミングソフトウェアと組み合わせて使用する必要があります。

対応するカメラは下記の6機種。なお、本ソフトはベータ版として提供するため、動作保証やユーザーサポートの対象外としています。

  • DC-G9

  • DC-GH5

  • DC-GH5S

  • DC-S1R

  • DC-S1

  • DC-S1H

PC動作環境は次の通り。

  • 対応OS:Windows 10(32bit / 64bit)

  • CPU:1GHz以上のIntel CPU

  • ディスプレイ:1024 x 768以上の解像度

  • 搭載メモリ:1GB以上(32bit)、2GB以上(64bit)

  • 空き:インストールに200MB以上の空き容量

  • インターフェース:USB 3.0 / 3.1


関連記事:

本気のシネマミラーレス「LUMIX S1H」発表。世界初Cinema4K / 6K撮影対応、時間無制限記録も

「動画記録時間無制限への挑戦、ファン搭載は至難の業」LUMIX S1H開発者インタビュー【前編】

LUMIX S1Hは「映像製作者のわがままを叶える1台」開発者インタビュー【後編】


ソース:パナソニックLUMIXテザーストリーミング用(ベータ版)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Panasonic Lumix, lumix, Camera, Panasonic, photography, movies, cameras, Software, PC, photos, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents