M1 MacBook Airをご家庭のあらゆる場所でバリバリご活用されている方、多いと思います。外へ持ち出す機会が少ないとはいえ裸運用だと、スマホと同じでホントいつの間にボディーにちょっとした傷が付いちゃってたりするものですよね……。アルミボディーをいつまでも美しいまま保ちたい方は、バード電子さんのMacBook Air 13インチモデル用ジャケット(型番: JKT-MBA13-B)をぜひ。たいへん上質な合皮でできており、価格は6490円(税込み)。個人的にノートPCにカバーを着けて運用することはなかったのですが(インナーを使っておりました)、こちらを試用させていただいたところ、とてもいい感じでしたのでご紹介します。

天板から底面にかけてブックカバー状に着せます。素材の厚みは約1.2ミリ、重量約130グラムと元のモバイル性をほとんど損ないません
装着したまま本体を閉じることができます。挟まる部分の素材はさらに薄くなっていて、ちゃんとスリープ状態に入ります
装着は向かって手前のパームレスト側から行ないます
ディスプレーを開き切った状態で、ケースのポケット状になっている部分を上部に被せるようにします
外すときも開き切った状態で上側から行ないます。この状態だとたゆみができますが(この感じを見てPsion NETBOOKを思い出しましたが何でもありません忘れてください)、日常フツーに開け閉めしていて勝手に外れたことはありませんでした
閉じていくと徐々にタイトに。とてもよく設計されています
完全クローズ時にピタッとします。ん〜薄い。芸術的な一体感ですね
本体の固定にプラスチックなど硬いパーツを一切用いてないので、安心感があります
底面側にアクセントとなるタグ入り。四つ足のゴムがうっすら見えます。もちろん置いた際、ガタ着くことはありません
カバー装着後も開きにくくなるようなことはなく、これまで通りに使えます
必要な部分は開口されていますので、Webカメラもバッチリ

家庭内モバイルの安心感が劇的向上

ジャケットカバーを着せる前と後で生活が少し変わりました。前はMacBook Airはだいたい机に置いてあって、ソファーなどではiPadを用いてました。より気楽に安心して家庭内を持ち運べるようになったため、あらゆるシーンでそのままMacを使うようになっています。

手にした際、ひんやりとしたアルミボディーが直接触れるのではなく、温かみのあるレザーが触れるのも心地よく手放したくなくなります
ソファーでも気楽に。ベルトのバックルが本体に直接触れることもないので、膝上利用もより安心です
ちょっとそこらに置いておくときも、裸の時とは比べ物にならない安心感があります

ここにNEW尊師スタイル爆誕

HHKBと組み合わせた尊師スタイルもバージョンアップ。詳しくは下記記事をご参照ください

関連: M1 MacBook Air|Proでテレワークが捗るアイテム

冒頭にも書きましたが、個人的にはノートPCにカバーの類を着けるのはあまり好きではありませんでした。ほとんどがハードケースで、重たくなるうえ隙間に埃が入ったり使っていくうちにクラックが入ったりと何かと不恰好です。このジャケット型ケースは上質な合皮で見た目もオシャレですし、まったくかさばらない。装着したまま使っていて何の不自由もないですが、簡単に取り外すこともできるのでインナー的な使い方もできます。M1 MacBook Airを大切にしたい方、これは愛です。愛犬にお洋服を着せるのと同じです。ぜひ。

販売サイト: バード電子オンラインショップ

Source: バード電子