M1 Mac
Apple

Appleシリコン「M1」チップ搭載MacのRAMやSSDストレージの容量は、購入時に公式オプションから選ぶほかなく、購入後にユーザーが交換するのは不可能と思われていました。ところが中国の技術者が、これら2つを自力でアップグレードに成功したと報告されています。

この一報はまずTwitterユーザーのDuanRui氏が拡散した後に、中国テックメディアが作業中の写真付きで交換方法や技術の詳細を伝えています。

それによると中国・広州の技術者がM1チップの近くに配置されたRAMとSSDを取り外し、大容量のものに交換して起動に成功したとのことです。ただし、どちらのパーツもハンダ付けされており、作業は非常に困難で、故障の可能性も高いと述べられています。

M1 Mac
Chongdiantou

具体的にはM1 MacBook Air(RAM 8GB、256GB SSD)をそれぞれ16GBのRAMと1TBのSSDに交換し、macOS Big Surで正常に認識されている写真が掲載されています。

M1 Mac
Chongdiantou

もともとMacBookシリーズはユーザーが自力でRAMやストレージを交換することが困難でしたが、M1 MacではCPUおよびGPUとユニファイドメモリが1つのパッケージに統合されており、DIYでの作業は不可能だと思われてきました。そんな状況のもと、ハンダ付けを除去する強引なやり方ではありますが、手作業でアップグレードできた意義は大きいと言えます。

もちろん、自力でRAMやストレージを交換するのはMac本体を破壊するリスクがあるばかりか、アップルの公式保証も受けられなくなります。とはいえ、M1 Macは従来モデルよりも安価に入手できるため、時が経つにつれて手法が洗練され、安全かつアップル正規のオプションよりも低価格に抑えられるなら、ユーザーにとって魅力的な選択肢となるのかもしれません。

Source:Chongdiantou

via:MacRumors