M1X MacBook Pro
Antonio De Rosa Designer

次期AppleシリコンM1X(仮)を搭載してデザインを一新したMacBook Proの噂は以前から流れているものの、発売時期については様々な予測が現れては外れていきました。そんななか、2021年10〜11月に新型MacBook Proが2モデル、新Mac miniとともに発表されるとの噂が伝えられています。

この噂を発信しているのは、iOSアプリ開発者で有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のDylandkt氏です。Dylandkt氏は過去にも未発表製品を正確に予測した実績が数々あり、リーカーの格付けをしている情報サイトAppleTrackによれば的中率は81.3%を誇っているとのことです。

さてDylandkt氏は、MacBook Proの14インチと16インチの新モデルは2021年のQ4(第4四半期)、おそらく10月下旬か11月上旬に発表されると述べています。

今年5月にもDylandkt氏は、新型MacBook Proがフラットなエッジやナローベゼル化、SDカードスロットやMagSafe充電およびHDMIポートなど外部端子が復活し、デザインが一新されるとの噂を肯定していました

また、これら新MacBook ProはM1X、すなわちM1チップのアップグレード版を搭載した最初のMacになるとのことです。Dylandkt氏は、M1Xが「M1の拡張版で、より多くのThunderboltチャンネル、CPUコアやGPUコア、複数の外部モニターのサポート、より大きな電力消費を含むものになる 」と主張していましたが、これらはBloomberg報道ともおおむね符合しています。

また別のツイートで、Dylandkt氏は新型iMac Proは(近日中に予想されるイベントで)発表されないが、しないが、新Mac miniは次期MacBook ProとともにM1Xチップを搭載して登場するとの予測を語っています。こちらもBloombergのいう「よりパワフルなバージョンのMac mini」を裏付ける見通しと言えます。

新型MacBook Proが今後数か月のうちに発表されるとの噂は、Bloombergや他の有名リーカーも述べていたことです。とはいえ、あくまで予測に過ぎず、アップル社内で一度決まっていたとしても延期もありうることであり、正式発表前に早まってお手元のMacを売らないよう心がけたいところです。

Source:Dylandkt(Twitter)

via:9to5Mac