M1 Chrome

Googleは11月17日(現地時間)、Apple SiliconことM1チップに対応したChrome 87をリリースしました。Chrome 87ではパフォーマンスが向上がうたわれており、ベンチマークなどでその処理性能の高さを示しているM1でなら、さらに快適な動作が期待されます。ただし、不具合が見つかったとのことで、M1版は一時的に取り下げられています。

Chromeの公式サイトでは、M1チップを搭載したMac向けには、Intel版とM1版の選択肢が示されるとのことですが、現在はIntel版のみがダウンロード可能。見つかった不具合はブラウザが予期せずクラッシュするというもので、まもなく修正版をリリース予定としています。

なお、すでにインストール済みの場合には、2つの回避策が示されています。1つは、Macのシステム環境設定で、セキュリティとプライバシーからChromeのBluetooth利用を許可するというもの。もう1つは、一旦M1向けChromeをアンインストールし、Intel版Chromeをインストールするという方法です。

簡易な方法で回避できるようなので、修正版のリリースまではBluetooth設定を行う方法でやり過ごしても良さそうです。その修正版も、明日にはリリース予定だとしています。

source: Google Chrome ヘルプ