iPad Pro
Apple

Appleが、M1チップを搭載した新iPad Proを発表しました。4月30日から予約を開始し、発売は5月後半の予定です。

デザイン自体はこれまでのiPad Proから大きくは変わらず、11インチと12.9インチをラインアップ。ただし中身は大きく強化されており、MacBook AirやMacBook Proで採用された独自のM1チップを搭載します。これにより、A12Z Bionicと比較し、CPU性能は最大50%、GPU性能は最大40%アップしているとのこと。

ストレージも最大2TBにアップグレード。ストレージアクセスも2倍に高速化しており、M1の性能と合わせ、クリエイティブな作業も快適に行えそうです。

なお、iPadとしては初めてRAM容量も公開されており、ストレージ128GB/256GB/512GBモデルが8GB、1TB/2TBモデルが16GBとなっています。

iPad Pro
Apple

インターフェースは新たにThunderbolt 3 / USB 4をサポートし、20W充電と最大40Gbpsのデータ転送に対応。Pro Display XDRと6Kのフル解像度で接続も可能です。

そのディスプレイ周りで、12.9インチモデルでは、ミニLEDバックライトを用いたLiquid RetinaXDRを採用しました。1万個以上の極小LEDをバックライトとして利用することで、100万:1の高コントラスト比を実現。フルスクリーンの最大輝度は1000ニトと非常に明るく、ピーク輝度は1600ニト(HDR)に達します。

11インチのほうはミニLEDではなく、従来通りのLiquid Retinaディスプレイ。こちらは最大輝度は600ニトとなります。

背面カメラは2020年に発売された第4世代と変わらず、12MPの広角と10MPの超広角(2倍光学ズームアウト)、そしてLiDARスキャナという構成。ハード的には変更はないようですが、M1チップの強化されたISPにより、スマートHDR3をサポートします。

このほか、Wi-Fi + Cellularモデルでは、iPadとして初めて5G通信にも対応しています。

価格は、11インチのWi-Fiモデルが9万4800円(税込)、12.9インチは12万9800円(税込)から。

関連記事:

5分でわかるAppleイベントまとめ。7色カラバリ新iMac、M1搭載iPad Pro、落とし物トラッカーAirTagなど

Source:Apple(1), (2)