M1
Apple

M1チップを搭載した新型iPad Proは、早ければ5月下旬に一部ユーザーの手元に到着する見通しです。それに先立ってベンチマーク結果が発見され、アップルが公式に謳っているとおり前モデルよりも50%以上も速いことが示されました。

おなじみベンチマークサイトGeekbench Browserに投稿された結果によると(Geekbench 5使用)、M1チップ搭載の第5世代12.9インチiPad Proの平均シングルコアスコアは1718、マルチコアスコアは7284。これに対して第4世代の12.9インチiPad Proはそれぞれ1121と4656であり、最新モデルは約56%速くなっていることになります。

ほかGeeknbench 5による平均マルチコアスコアの比較は次の通りです。

  • M1 MacBook Air: 7378

  • 第5世代iPad Pro:(M1チップ): 7284

  • Core i9 16インチ MacBook Pro: 6845

  • 第4世代iPad Pro:(A12Zチップ): 4656

つまりM1 iPad Proの性能はM1 Macとほぼ同じであり、16インチ MacBook Proの最上位モデルを上回ることに。同じM1チップを搭載していることから、おおむねM1 Macが従来のインテルMacを凌駕したのと近い結果が出ています。

かたやグラフィックのパフォーマンスについては、M1 iPad Proの平均Metalスコアは20578であり、A12Z Bionicを搭載した前モデルよりも最大71%速く、M1 Macの性能とほぼ同等です。アップルのいう「GPU性能は最大40%アップ」は控えめな表現だったようです。

これだけの高性能に加えて高品質のLiquid Retina XDR画面も備えていれば、クリエイティブのプロから動画編集アプリを活用したいとの要望も少なくないはず。いずれMacのアプリがそのまま動くようになるか、ないしはiPad版のFinal Cut ProやLogic Proがうわさ通り発売されるのかもしれません。

Source:MacRumors