BigSur 11.2RC
Apple

アップルは21日(米現地時間)、開発者向けにmacOS Big Sur 11.2RCの配信を開始しました。

公式リリースノートでは「Bluetoothの信頼性を向上」とあり、M1チップ搭載Macの一部で報告されていたBluetooth機器の接続トラブルが解決した可能性が示唆されています。

今回のアップデートは、macOS Big Sur正式版の初リリースから約2ヶ月後、11.2ベータ2から約1週間後に配信されたもの。「RC」とはリリース候補(Release Candidate)の略であり、以前はGM(ゴールデンマスター)と呼ばれていた最終ベータ版と近い「ほぼ正式版」との位置づけです。

ちなみに、macOS Big Sur 11.2ベータ2では、アップル純正アプリがサードパーティ製のファイアウォールやセキュリティツール、VPNアプリを回避できる機能を排除したと報告されています

セキュリティ研究者らは、本機能にマルウェアがアップル純正アプリを介してセキュリティソフトを避けられるリスクがある(VPNユーザーが実際のIPアドレスを晒されるなど)と指摘していました。

M1 MacはThunderbolt 3ポートが2つしかないため、Bluetooth機器が寸断されたり全く接続できないトラブルは、使いやすさを大きく損ねることになります。

今回のRC版でも「M1 MacのBluetooth問題」と言及されているわけではありませんが、アップルに「ソフトウェアアップデートより修正可能」と確認が取れたとの証言もあり、まもなく配信と思われるmacOS Big Sur 11.2正式版での検証を待ちたいところです。

アップルのリリースノートの内容は、以下の通りです。

macOS Big Sur 11.2 はBluetoothの信頼性を向上させ、次の問題を修正します

  • HDMI から DVIコンバータを使用してMac mini (M1,2020) に接続すると、外部ディスプレイに黒い画面が表示される可能性がある

  • 写真アプリでApple ProRAW 写真を編集すると、保存されない場合がある

  • iCloud ドライブのデスクトップおよびドキュメントフォルダオプションを無効にすると、iCloudドライブがオフになる場合がある

  • 管理者パスワードを入力するとシステム環境設定のロックが解除されない

  • [グローブ]キー(地球儀キー)を押しても[絵文字と記号]が表示されない

Source:MacRumors