M1
Apple

アップル独自開発のM1チップは高いパフォーマンスが証明され、インテルが株主に「即時行動」を求めるほど追い込まれる事態を作り出しています。

そうしたM1チップの高性能は、約10年前からアップルが積み上げてきた技術的な努力の賜物という説明を、元アップルのエンジニアが語っています。

元アップルのカーネルエンジニアであるShac Ron氏が語り始めたきっかけは、「M1チップの性能はArm(アーキテクチャ)のためじゃなく、キャッシュのおかげだよ」というツイートに対する反論でした。

まずRon氏がすべての始まりとして指摘したのが、アップル初の64ビットArmチップ、ISA(Instruction Set Architecture:命令セットアーキテクチャ)を備えてiPhone 5s(2013年発売)に搭載されたSoCの「A7」です。

当時Armアーキテクチャの64ビット化は始まったばかりで、Arm自身もモバイルよりサーバー用途に焦点を当てていました。つまりArmが他社にライセンス提供できる独自の「コアデザイン」を用意する前に、アップルがいち早くスマートフォンに64ビットArmチップを持ち込んだわけです。

さらにRon氏は、アップルが2010年にArm64の開発を始めたことや、2013年に発売された当時はクアルコムやサムスンにとって不意打ちだったことを強調しています。

そしてアップルは「低クロック、高度なOoO(アウトオブオーダー実行)、スペキュレイティブ実行(OoOとともに、マイクロプロセッサにおける性能向上技法の1つ)」を計画したとのこと。

これを米9to5Macは、アップルが比較的低いクロック数で始めつつ、しだいにコア数を増やしていく方針を指していると解釈しています。

それに加えて9to5Macは、OoOのスーパースカラーアーキテクチャを使うことで、アップルは増え続けるトランジスタ(M1チップで160億個)を活用できると解説。OoOを使うとフロントエンド命令セットとバックエンドの実行が分離でき、それは「アップルによって設計された」カスタムArm ISAでこそ可能なのだ、と注釈を付けています。

さてRon氏の話に戻ると、一連の結論として「M1のパフォーマンスはArm ISAのおかげではなく、アップルが10年前にコア性能の向上を計画したから今日のArm ISAがあるのだ」と語っています。

かなり専門的な話が続きましたが、要するにアップルがArm本社にさえ先がけてモバイル向け64ビットArmチップの実用化に取組み、他社より数年のアドバンテージがあったことがM1チップに結実している、ということでしょう。アップル共同創業者の1人で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏は自社デバイスの部品すべてを設計することを目指していたとの証言もありますが、その意味でもM1 Macは「ジョブズの目指した完成形」といえそうです。

Source:Shac Ron(Twitter)

Via:9to5Mac