MacBook Pro
Devindra Hardawar/Engadget

新型の14インチおよび16インチMacBook Pro(M1 ProおよびM1 Max搭載モデル)のユーザーから、YouTubeのHDR動画を再生するとカーネルがクラッシュするとの報告が複数寄せられています。

これらの報告は、米MacRumorの読者フォーラムに投稿されているものです。その症状は、macOS Monterey 12.0.1のSafariでHDRのYouTube動画を見てからコメントをスクロールすると、カーネルエラーが発生してMacがシャットダウンした上で再起動するとのこと。また全画面でYouTubeを観てから全画面モードを終了してもエラーが起きると述べられています。

主にRAM 16GBを搭載したモデルでこれらの症状が確認されていますが、32GB/64GBのモデルで起きない保証もない模様です。またYouTubeの動画を何本か観た後に発生するようであり、複数のユーザーが再現できたと投稿しています。

さらにMacRumors読者のSam.b1氏によると「私も同じ条件で、Safari/Chromeでの4k HDR YouTube再生で同じエラーが出ています。最初はChromeのバグかと思いましたが、その後Safariでもクラッシュしました。私はMonterey 12.0.1、16インチM1 Max、32GB RAMを使用しています」とのことです。

一部のMacBook Proユーザーは、AV1(圧縮効率の高い動画コーデック。Android版のNetflixアプリにも採用)デコードの問題ではないかと推測しています。が、具体的にどういった問題なのか、ソフトウェアアップデートで修正できるのかは、記事執筆時点では明らかになっていません。

全ての新型MacBook Proにこの問題が発生しているわけでもありませんが、MacRumorsは独自のテストで再現に成功したと述べており、どの個体で起こっても不思議ではないと言えそうです。

その一方でmacOS Monterey 12.1ベータ版では、アップデート後にパフォーマンスが向上したと報告しているユーザーもいるため、この問題が修正されている可能性もあります。

先日の「インテルMacがmacOS Montereyアップデートで文鎮化」(アップルは修正済みです)ほどの深刻さはなさそうですが、今後の公式対応などを待ちたいところです。

Source:MacRumors,MacRumors Forum