M1X Mac mini
Wccftech

ここ最近、噂が活発となっていた次世代Mac mini。M1チップの強化版プロセッサ「M1X」を搭載したハイエンド仕様で、「数か月以内」に登場するとの予想が有力となっていました。

同じくM1X搭載のMacBook Proの直後、おそらく2021年内に発売と思われていた同機ですが、ここへ来て「マーケティング上の理由」により2022年まで発売延期されるかもしれないとの噂が伝えられています。


ウワサの発信源は、数々の実績ある有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のLeaksApplePro氏です。先日もLeaksApplePro氏はM1X Mac miniの「回路図」(予想レンダリング画像)を公開しつつも、すぐに削除していました

さてLeaksApplePro氏の新たなツイートによると、アップルは「マーケティング上の理由」からM1X Mac miniを延期した可能性があるとのこと。おそらく「再設計されたMacBook Air」とともに、2022年の第1~2四半期にローンチされるだろうと述べています。

「マーケティング上の理由」とは具体的に何かは説明されていませんが、いくつかの可能性が考えられます。最有力と思われるのが、もしも(BloombergのMark Gurman氏が言うとおり)M1X MacBook Proとほぼ同時発売だとすれば、新MacBook Proに注目が集まらないかもしれないとの懸念でしょう。

M1X MacBook Proは数年ぶりにデザインが刷新され、(M1 12.9インチiPad Proと同じ)ミニLED画面を採用した初のMacになると確実視されています。有名アナリストMing-Chi Kuo氏も、今後のMacBook ProシリーズによりミニLED市場が牽引されるとの予想を述べていました

もしもM1X Mac miniがM1X MacBook Proと同時に発表された場合は、「コンパクトなMac」を求めているユーザーはMac miniに心とらわれる恐れもあるはず。

対して新型MacBook Proだけを先に発表すれば、少しでも早く高性能かつ小さなMacを必要とする顧客は、そちらを買わざるを得なくなる。その後に、アップルはつつがなくMac miniのローンチを進めることができるーー海外テックメディアWccftechはそんな推測を述べています。


M1X MacBook ProはTouch Barを廃止する一方で、SDカードスロットやHDMI端子など、外部ポートを大幅に追加し、拡張性が強化されると予測されています。一方でM1X Mac miniもUSB-C/Thunderbolt 3ポートが従来の2つから4つに増やされ、デスクトップ用途では何の不自由もなくなるとの観測が有力です。

しかもMac miniはディスプレイ非搭載のため、その分だけMacBook Proよりも安くなることは確実でしょう。「廉価かつ高性能なコンパクトMac」を待望するユーザーは、しばらく物欲を抑え込みつつ我慢する数か月を過ごすことになるかもしれません。


Source:LeaksApplePro(Twitter)

via:Wccftech