JALとJR東日本は3月29日、「MaaS(Mobility as a Service)」の連携で合意したと発表しました。空と陸の移動を担う両社がタッグを組み、まずはハワイを舞台に実証実験を行います。その後もさまざまな場所や観点での連携を検討していくとしています。

MaaSの定義は企業や国によってばらつきがありますが、国土交通省の資料には「MaaSとは、ICT を活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな『移動』の概念である」とあります。

JALとJR東日本の発表によると、JAL側はハワイの観光情報や飲食クーポンなどを提供し、JR東日本側はJR東日本アプリによる経路案内、旅行プランニングサービスなどを提供するそうです。サービスの詳細や開始日については、決まり次第、発表するとしています。

大手航空会社と大手鉄道会社のタッグによりMaaSが加速しそう──と言いたいところですが、普及への道のりは遠いかもしれません。新型コロナの影響で利用客が減り、航空会社や鉄道各社の決算は赤字に転落しました。今後も移動しない人が増えるほど、移動関連サービスの価値が発揮しづらくなりそうです。

Source : JAL

Via:国土交通省(PDF)

関連記事: