universal control
Apple

先日のWWDC21では次期macOS Montereyの新機能「Universal Control」が公開され、MacとiPadとのキーボードやマウスの共有がどのように動作するかデモが行われました。しかし、その場では仕組みには言及されず、たとえばクレイグ・フェデリギ(デモを担当したアップル幹部)が左のMacから右のiPadにカーソルをドラッグしたとき、どうやってMacとiPadの位置関係を把握したか、などは謎に包まれたままでした。

こうした疑問につき、アップルが海外テックメディアThe Vergeを通じて回答しています。

まず上記の質問に対する答は「位置検出はしてない」ということ。その代わりにカーソルを画面の片側または反対側にドラッグした場合は、最後にやり取りしたMacやiPadにドラッグしようとしていると仮定しているに過ぎない、というわけです。

Universal Controlを使うためには、まずiPadとMacをかなり近づける必要があります。この技術はiOSやmacOSに古くから搭載されている「Continuity」と「Handoff」(アップル製品を連携させるしくみ)の機能をベースに作られているとのことです。

本記事では、デバイス同士が十分に近づくと、それぞれのBluetoothモジュールが互いに認識し合うと説明されています。またこの機能を利用するには(アップル製品同士の連携がそうであるように)、すべてのデバイスが同じiCloudアカウントに紐付けられていることが必須となっています。

Universal Controlを起動するには、マウスポインタをMacの画面の左端または右端までドラッグし、その先にドラッグしようとしてやるだけ。アップルいわく、一切の設定は必要ないとのことです。

この時点でMacとiPadがWi-Fi Direct接続され、iPad画面の端っこには小さなバーと突起が表示されて「iPadが認識している」ことが示されます。そのままドラッグし続けると、ポンと突起が外れて円形のマウスポインターになり、その間はマウスとMacのキーボードの両方でiPadを操作できます。マウスをMacに戻せば、Macを操作できます。

またカーソルを上下にドラッグすることでiPad画面の垂直方向の位置を選べるユーザーインターフェース要素もあり、それぞれMacとiPadの物理的な位置に合わせて画面を整列させられるとのことです。

ただし、以上の説明にもあるようにUniversal Controlを開始できるのは「Mac側」のみです。つまりApple Pencilや指を使ってiPad上のファイルをMacに転送するのは、残念ながらできない模様です。

もう1つの疑問は、一度にコントロールできるデバイスの数です。その答えはプレビューページにもある通り3つ(つまりデモで行ったのは上限いっぱい)で、デフォルトのデバイスを選択できます。

また、全てのMacやiPadで動くわけでもなく、以下の機種に限られています。

  • MacBook Pro(2016年以降)

  • MacBook(2016年以降)

  • MacBook Air(2018年以降)

  • iMac(2017年以降)

  • iMac (5K Retina 27インチ, Late 2015)

  • Mac mini(2018年以降)

  • iMac Pro

  • Mac Pro 2019

  • iPad Pro

  • iPad Air (第3世代以降)

  • iPad (第6世代以降)

  • iPad mini (第5世代以降)

Universal Controlは配信中の開発者向けベータ版には含まれていないため、まだ一般開発者は誰も自らの目で確認することはできません。実際にアップル社外でも利用可能にした暁には、フェデリギが華麗にデモしたようにシームレスに動くかどうかは興味深いところです。

Source:The Verge