Apple
Apple

10月19日に開催された「パワー全開。」スペシャルイベントで、アップルはMacBook Proラインナップに14インチモデルを追加しました。この記事では既存の13インチMacBook Proとの仕様比較をしてみました。

  14インチ
MacBook Pro
(2021)
13インチ
MacBook Pro
(2020 late)
ディスプレイ

14.2インチ
Liquid Retina XDR
3024 x 1964px

最大持続輝度1000ニト
ピーク輝度1600ニト
10億色対応

広色域(P3)
True Toneテクノロジー
最大120Hzアダプティブリフレッシュレート

13インチRetina
2560 x 1600px
輝度 500ニト
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
プロセッサー 8コアApple M1 Pro
(高性能x6、高効率x2)
16コアNeural Engine
メモリ帯域幅200GB/s
Op:
10コアCPU+14コアGPU搭載M1 Pro
10コアCPU+16コアGPU搭載M1 Pro
10コアCPU+24コアGPU搭載M1 Max
10コアCPU+32コアGPU搭載M1 Max

10コアApple M1 Pro
(高性能x8、高効率x2)
16コアNeural Engine
メモリ帯域幅200GB/s
Op:
10コアCPU+24コアGPU搭載M1 Max
10コアCPU+32コアGPU搭載M1 Max
8コアApple M1(高性能x4、高効率x4)
16コアNeural Engine
グラフィックス M1 Pro内蔵14コアGPU

M1 Pro内蔵16コアGPU
8コアGPU(M1)
ストレージ 512GB SSD
Op:1TB、2TB、4TB、8TB

1TB SSD
Op:2TB、4TB、8TB
256GB
Op:512GB / 1~2TB

512GB
Op::1~2TB
RAM 16GBユニファイドメモリ
Op:

32GB(M1 Pro、M1 Max)
または64GB(M1 Max)
8GBユニファイドメモリ
Op:16GB
ワイヤレス 802.11a/b/g/n/ac/ax WiFi6
Bluetooth 5.0
802.11a/b/g/n/ac/ax WiFi6
Bluetooth 5.0
入出力 SDXCカードスロット
HDMIポート
MagSafe 3ポート
Thunderbolt 4(USB-C)x3 以下を兼用
充電、 DisplayPort、 Thunderbolt 4(40Gbps)、 USB 4(40Gbps)
Thunderbolt 3 / USB4 x2
以下を兼用
DisplayPort
Thunderbolt(40Gbps)
USB 3.1Gen 2(10Gbps)
カメラ 1080p FaceTime HD 720P FaceTime HD
オーディオ 6スピーカー(Dolby Atmos対応)
マイクx3
3.5mmヘッドセットジャック
AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Max使用時の空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
ワイドステレオサウンド
Dolby Atmos対応
指向性ビームフォーミングマイクx3
3.5mmヘッドセットジャック
バッテリー 70.0Wh
67W USB-C電源アダプタ(8コアCPU搭載M1 Proに付属)
96W USB-C電源アダプタ(10コアCPU搭載M1 Pro、M1 Maxに付属)
USB-C - MagSafe 3ケーブル


58.2Wh
61W USB-C電源アダプタ
USB-C充電ケーブル
大きさ 高さ15.5 x 幅312.6 x 奥行き221.2mm 高さ15.6 x 幅304 x 奥行き212mm
重さ 1.6kg 1.4kg
税込価格 512GB 23万9800円~
1TB 29万9800円~
256GB 14万8280円~
512GB 17万280円~

新しい14インチMacBook ProはCPUがM1 Proチップになり、コア数の違いなどによりいくつかのバリエーションモデルを構成しています。またディスプレイがミニLED方式を採用したLiquid Retina XDRディスプレイになり、ピーク輝度1600ニトと非常に高いコントラストの再現性をそなえます。ただ、画面上部にはノッチが新しく現れました。このノッチ部分にはFaceTimeカメラが搭載されますが、iPhoneのようなFace IDなどのためのコンポーネントはありません。

16インチMacBook Proと同様、外部インターフェースにSDXCカードスロットやHDMI端子が復活し、充電用としてMagSafe 3端子が追加されました。従来どおりUSB-C端子からの充電もできるものの、MagSafe 3端子を使う方が充電時間を大きく短縮できます。

キーボードも16インチモデルと同様Touch Barを廃止しており、オーソドックスなファンクションキーに回帰しました。

13インチモデルに比べると14インチモデルは性能向上や設計が新しくなったものの、価格差もわりと大きくなっています。もし、14インチモデルの購入をお考えでも、性能や画面サイズなどにそれほどこだわりがなく、持ち運びのしやすさや予算のほうが気になるのであれば、13インチモデルを吟味しなおしてみるのも良いかもしれません。