日本時間10月19日、Appleは「パワー全開。」と銘打ったスペシャルイベントを開催し、新型Macbook Proや第3世代のAirPods、HomePod miniの新色などを発表しました。

なかでも注目は、新たなAppleシリコン「M1 Pro」および「M1 Max」を搭載した新型Macbook Pro。既存の「M1」と比べてかなりのパフォーマンスを備えているとのことで、実際どうなのかが気になるところです。

そのあたりは実機レビューを待つとして、ここでは「パワー全開。」イベントにて発表された製品やサービスをまとめてご紹介します。

新型MacBook Pro発表。「M1 Pro」「M1 Max」とミニLED画面採用、Touch Bar廃止で外部ポート大充実

19日未明の「パワー全開」イベントにて、アップルが新型MacBook Proを発表しました。画面サイズは14インチと16インチであり、うち前者は実質的に旧13インチモデルの後継機となる位置づけです。(つづき)

最新Appleシリコン「M1 Pro」と「M1 Max」発表。最大RAMは64GB、GPUも大幅強化

アップルは19日未明の「パワー全開」イベントにて、新たなAppleシリコン「M1 Pro」および「M1 Max」を正式に発表しました。これら2つのチップはM1のアーキテクチャをスケールアップすることで「はるかにパワフルなチップ」 となっており、次世代MacBook Proのために作られたと述べられています。(つづき)

新旧16インチMacBook Proの仕様比較。M1 Pro、M1 Maxチップ採用で全てが新しく

アップルがM1チップ搭載のMacBook Proを発表しました。この記事では新しい16インチMacBook Proについてインテルチップ搭載の既存モデルと仕様を比べてみました。(つづき)

新しい14インチMacBook Proと既存13インチモデル仕様比較。大幅な進化と価格差

10月19日に開催された「パワー全開。」スペシャルイベントで、アップルはMacBook Proラインナップに14インチモデルを追加しました。この記事では既存の13インチMacBook Proとの仕様比較をしてみました。(つづき)

アップル「macOS Monterey」10月26日配信、ユニバーサルコントロールは後日

アップルは、macOSの新バージョン「macOS Monterey」を日本時間10月26日に配信します。(つづき)

新 AirPods 発表。デザイン刷新、空間オーディオに初対応

日本時間10月19日の「パワー全開。」スペシャルイベントで、アップルがワイヤレスイヤホン AirPods の新モデルを発表しました。(つづき)

旧型AirPods(第二世代)が1万6800円へ値下げ。第三世代と7000円差で併売

新しい AirPods (第三世代モデル)の発表にあわせて、アップルが旧型になる第二世代 AirPods の価格を改定しました。(つづき)

HomePod miniに新色登場。イエロー、ブルー、オレンジが加わってカラバリ5色に

19日未明の「パワー全開」イベントにて、アップルがスマートスピーカーHomePod miniの新色を発表しました。イエロー、ブルー、オレンジの3色が新たに選択肢として追加されます。(つづき)

Apple Music Voice Plan発表。Siri操作に特化して安価に提供

10月19日のアップルイベントより。Apple Musicに新プラン「Voice Plan」が発表されました。このプランはSiriを通じて「ディナーパーティー」や「おやすみ前のリラックス」などとリクエストするだけで最適なプレイリストを選んで再生することができます。(つづき)

Apple (Amazonストアページ)