TouchBar
Korisnik

次期MacBook ProからTouch Barがなくなり、MagSafe充電コネクタが復活するとの噂が複数の情報筋から伝えられています。

アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の投資家向けメモによると、アップルは14インチと16インチ、2つの画面サイズを持つモデルを開発中とのこと。デザインは大幅に変更され、上下ともに曲線がなくなって「iPhone 12に似ている」フラットエッジ(角が角張っている)になると述べられています。これが本当であれば、実に5年ぶりの全般的なフォームファクタ更新となります。

また2016年以降のモデルを愛用している人にとって注意を惹くのが、「有機EL Touch Barは搭載されず、代わりに物理ファンクションキーが戻ってくる」という箇所でしょう。Touch Barはアップルが鳴り物入りで導入した新要素でしたが、タッチタイプでは感触がないために扱いづらく、16インチMacBook Proとともに物理ESCキーが復活した際には「プロ顧客の苦情が多かったから」との舞台裏が明かされていました

さらには、かつてお馴染みだったMagSafe充電コネクタが復活するとのこと。そして(USB-Cとは別に)多くのI/Oポートが装備されており、ほとんどのユーザーは追加のドングルを買わなくてもいいと述べられています。近年のMacBook Proモデルでは、USB-Cの他に外部ポートはなく、HDMI出力などには別にアダプタが必要となっていました。

これら新モデルにはインテルのCPUオプションはない、つまりAppleシリコン搭載に限られるとのこと。Kuo氏は以前から「14インチと16インチの再設計されたMacBook Proが2021年に登場する」と予測していましたが、かたや有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)は新デザインが「Appleシリコンだけじゃない」とつぶやいていたこともあり、見解が割れています。

こうしたKuo氏の予想は、米Bloombergの名物記者Mark Gurman氏の記事とほぼ一致しています。

Bloomberg固有の情報としては、1つには14インチの社内コード名が「J314」、16インチが「J316」であり、アップル独自Macプロセッサの次世代バージョンを使用。「より多くのコアと強化されたグラフィック」ということで、現行のM1チップよりもパフォーマンスがさらに改善される模様です。

そしてディスプレイはより明るく、コントラストの高いパネルに進化させることも計画。「マイナーなデザインの変更はあるものの、現行モデルと似た外見になる」と述べられていますが、上記のフラットエッジが小幅な刷新かどうかは人により感じ方が分かれるのかもしれません。

また復活のMagSafeについては「過去のMagSafeポートの細長い柱状のデザインに似ている」と表現されており、iPhone 12のようなワイヤレス充電ではなく、同じくマグネットで固定ながらも誤って引っ張れば抜ける安全策を施したケーブル式を踏襲すると示唆されています。「より高速で充電できる」とも語られていますが、従来のUSB-C給電も引き続きできるのかは言及されていません。

ほか再設計されたMacBook Airも計画しているが、次期MacBook Proのずっと後になるとの予想が述べられています。現行のM1 MacBook Airを買った人は、しばらく型落ちになる心配はなさそうです。

かつてMacBook Proのバタフライ式キーボードがシザー式に復帰した件に続き、もしもTouch Barも廃止されれば、アップルが推した2つの新方式が巻き戻されることになります。16インチモデルも「専用のESCキー」の便利さが強調されていますが、Touch Barなき次期MacBook Proがどのようにアピールされるのかは興味深いところです。

Source:MacRumorsBloomberg