Amazon Prime Video
Amazon

米アマゾンは15日(米現地時間)、MacApp StoreでmacOS用のAmazon Prime Videoアプリを配信開始しました。ビデオをダウンロードしてオフラインで視聴したり、別のアプリやWebサイトの操作中に視聴を続けられるピクチャインピクチャ機能が使えるほか、AirPlayにも対応しています。

Mac版で注目すべきは、アプリ内に留まりながら映画やテレビ番組のアプリ内購入に加えて、レンタルもできるということです。iPhoneやiPad版アプリではこれらの(決済を伴う)操作はできずSafariに移動する必要がありましたが、Mac版ではアプリで直接行うことができると謳われています。

ただし、これら購入・レンタル機能は「マーケットプレイスによって視聴可能な作品は異なります」や「地域限定」の但し書きが付いていることもあり、米国や欧州、日本ではそれぞれ購入できるものやできないもの、利用できる支払い手段が違う可能性もありそうです。

ちなみにWeb上では購入・レンタルが可能な映画を日本版Amazon Prime Videoアプリで利用しようとしたところ、下記のような(iOS版やiPad版と同じ)表示が確認できました。

Amazon Prime Video

ほかマルチユーザープロフィールによりユーザーごとの好みを反映させることや、iOS版やtvOS版アプリと同期して、途中まで見た映画や番組の続きを他のプラットフォームで観ることもできます。

本アプリはMac App Storeで無料でダウンロードでき、macOS Big Sur以降を搭載したインテル製チップおよびAppleシリコン搭載Macに対応しています。

ともあれ、ネット環境に恵まれていない地域に出張するときなどに、Macに映画や番組を保存しておいてオフライン視聴できることはありがたい機能となりそうです。

Source:MacApp Store

via:9to5Mac