BigSur
Apple

アップルは11月13日未明、macOS Big Surを配信開始しました。iTunesが3分割されたmacOS Catalinaから、約1年ぶりのメジャーアップデートとなります。

アップデートはMac App Storeの「アップデート」か、macOS Big Surのページにアクセスして「今すぐアップデート」ボタンをクリックして行えます。

主な更新点は、まず画面デザインが一新されたこと。アプリはフルハイトのサイドバーや作り直されたツールバーを備え、Dockもよく使うアプリが見つけやすくなりました。そしてコントロールセンターや通知センターもアクセスしやすさと視認性を向上させたほか、Safariも高速化。さらにAirPodsのデバイス自動切り替えにも対応し、Mac CatalystによりiPad版アプリも移植されるなど、随所がリファインされています。

そして先日の「One more thing」イベントでは、Appleシリコン「M1」チップ搭載Macとの緊密な統合も発表。Macのスリープ解除も一瞬となり、毎日の作業もスムーズに。そして既存のMacアプリをシームレスに動作させる「Rosetta 2」も実装されたことに加えて、iPhoneとiPadアプリもMac上で動かすことができるようになりました。

macOS Big Surの対応デバイスは、まずM1チップ搭載のMacBook Air、13インチMacBook ProおよびMac mini(インストール済みで出荷)。そして既存モデルとしては2014年モデル以降のiMac、2013年以降のMacBook Air、2017年以降のiMac Pro、Late 2013以降のMacBook Pro、2013年以降のMac Pro、2015年以降のMacBook、2014年以降のMac miniがアップデート対象となります。

一時(午前3時~6時15分)アップデートを行おうとしてもインストールできない障害が発生していましたが、現在は復旧済みと告知されています

BigSur

ほか各機能の詳細は、下記をご確認ください。

macOS Big Surパブリックベータ配信開始。画面デザイン一新、Safariも飛躍的に進化

次期macOS「Big Sur」、11月13日に配信開始。M1チップ搭載Macの能力を解放