Apple macOS Monterey Object Capture API
Apple

開発者イベント WWDC21 より。 アップルが次期macOS Monterey (モントレー)に追加予定の新API 『Object Capture』を発表しました。

macOS モントレーのオブジェクトキャプチャは、多数の写真や映像から物体の三次元形状を推定・再現する、いわゆるフォトグラメトリのためのAPI。

iPhone などのカメラとMac だけで、ゲームや映像、VR や AR コンテンツ制作に必要な3Dオブジェクト取り込み・制作がより身近に始められるようになります。

Apple macOS Monterey Object Capture API
Apple

写真から三次元形状を再現するフォトグラメトリは、たとえば Google Earth やマイクロソフト フライトシミュレーターで、航空写真からリアルな3Dの街や自然を生成するために使われているほか、最近ではゲーム内のリアルな背景やオブジェクトを作る際のベースとしても使われるようになりました。

Object Capture API で生成した3Dオブジェクトは、iPhone / iPad の AR機能で目の前にあるかのように表示が可能。たとえばオンラインストアが売り手に家具などの写真または映像を登録させて3Dオブジェクトを生成することで、客が iPhone や iPad を使い、商品を実際に自宅に置いたサイズ感や雰囲気を確認するようなアプリを開発できることになります。

macOS モントレーは本日より開発者プレビュー開始、来月よりパブリックベータ、今秋にも正式提供予定。

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表