Monterey
Apple

アップルが世界開発者会議WWDC21にて、次期macOS「Monterey」を発表しました。事前に有力視されていた2つのうち1つが的中し、もう1つの候補「Mammoth(マンモス)」は選外となった模様です。

ちなみに「Monterey」とは映画「エデンの東」の舞台となった場所であり、前バージョンの元になった「Big Sur」がある地域のこと。どちらもアップル本社のある米カリフォルニア州の景色の美しい場所であり、macOS(OS X)の伝統は今回も守られました。

最も注目すべき新機能は、MacとiPadの間でキーボードとマウスをシームレスに使える「Universal Control」です。すなわちMacにiPadを近づければポインターがiPad側に移動し、どちらのデバイスも同じキーボードやトラックパッドで途切れなく操作できるということ。

Monterey
Apple

Accrossなどサードパーティ製アプリでも同様の機能を提供していたものの、やはりアップル製OS内に標準で組み込まれ、設定がエコシステム内で完結しているのは強みです。おなじみデモの名人クレイグ・フェデリギ氏がiPad ProとMac、iPad間でスムーズに使いこなしていましたが、あまりに便利すぎるとMagic Keyboardの存在意義が脅かされるのかもしれません(iPad Proと一体で持ち運びできるメリットは唯一無二ですが)。

さらに新機能「AirPlay to Mac」により、iPadの画面や音楽をMacに転送できるとのことです。

Monterey
Apple

今までできなかったのが不思議とも思えますが、新型24インチiMacの高品質なスピーカーを活用できる幅が広がったと言えそうです。

Monterey
Apple

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表