Mac Pro

米トランプ大統領が工場を視察したこともあるMac Pro(2019)ですが、独自設計チップApple Siliconへの移行の一環として、小さくなった新型が開発中との噂が伝えられています。

Bloomberg報道によれば、アップルのエンジニアは現行モデルにデザインは似ているがサイズが約半分の新型Mac Proに取り組んでいるとのことです。そのMacが現行のMac Proを置き換えるか、あるいは追加モデルとなるかは不明です。

Apple Siliconはもともとスマートフォン向けのArmアーキテクチャをベースとしているため省電力性能が高いと予想されており、Mac Proのサイズ縮小に役立つ可能性もあります。とはいえ、現行のMac Proは追加ストレージやPCEIeカードを搭載できる拡張性のため筐体サイズが大きめとなっており、その点とどうすり合わせるかは興味深いところです。

アップルは今年6月の開発者会議WWDC 20にて、全Macを2年かけてApple Siliconに移行すると発表済み。その移行はまずノート型から始まり、デスクトップ型の更新はその後とみられています。今回のBloomberg報道でもiMacやiMac Pro、Mac ProやMac miniといったデスクトップ型の更新は2022年までに行うと予想されており、Apple Silicon版のMac Pro mini(?)のリリースも2021年~2022年頃になりそうです。

これに先立ち、初のデスクトップ向けApple Silicon「A14T」を搭載した新型iMacが2021年上半期に発売予定との噂もありました。ヘビーユーザーや開発現場で使われることが多いデスクトップMacはしばらくインテル製チップに留まるとの見方もありましたが、Apple Siliconへの移行は意外と速く進むのかもしれません。

Source:Bloomberg