wario
Nintendo

任天堂は6月16日未明のNintendo Direct E3 2021で、「メイド イン ワリオ」シリーズの最新作「おすそわける メイド イン ワリオ」を発表しました。もちろん対応ハードはNintendo Switchであり、発売日は9月10日(金)。

パッケージ版は5478円でダウンロード版は5400円(ともに税込)、すでに予約購入が可能でありニンテンドーカタログチケット(9980円で2本のゲームが手に入る)の引き換え対象ともなっています。

「メイド イン ワリオ」は2003年のゲームボーイアドバンス版から足かけ20年近く、ゲームキューブやWii、ニンテンドーDSや3DSなど任天堂ハードをほぼ総なめしている長寿シリーズです。一貫しているのは「瞬間アクション」という公称どおり、次々に出現するプチゲームを連続でクリアしていくこと。「入れろ」や「止めて」などノルマを達成し、できなければライフが減って0になればゲームオーバーになります。

最新作でもそうした基本は変わらず、「200種類以上の完全新作プチゲーム」も初代GBA版から実現していたりします。しかし今回の目玉は、ひとつには各キャラクターが固有のアクションを持っている点です。

たとえばGC用の「あつまれ!! メイド イン ワリオ」でも複数のキャラクターが用意されていたものの、どれを選んでも性能は同じ(一部プチゲームを除く)でした。それに対して最新作ではそれぞれのキャラごとに攻略方法が変わるため、200以上のプチゲーム×キャラクター数の遊び方があって長く深く楽しめるわけです。

wario
Nintendo

もう一つの目玉は、Joy-Conをおすそわけして、すべてのプチゲームで2人同時プレイが楽しめることです。上記の「あつまれ!!」では4人同時プレイ可能だったので単純に進化したとは言い難いものの、コントローラーを買い足さずに標準装備だけで力を合わせたり役割分担ができるのはお手軽ではあります。またNintendo Switch(または Nintendo Switch Lite)本体2台とソフト2本があれば、「ローカル通信」で2人プレイできるとのことです。

wario
Nintendo

石像の脇毛を処理したり「スーパーマリオランド」らしき画面で暴れたりと、任天堂ゲームの中ではやりたい放題度がダントツのワリオシリーズだけに、はっちゃけたプチゲームの数々を楽しみに待ちたいところです。

wario
Nintendo

Source:任天堂