Engadget

マクアケは7月7日、応援購入サービス「Makuake」はバイヤー会員の登録案内を開始しました。

Makuakeはいわゆるクラウドファンディングサイトで、これまで1万5,000件以上のプロジェクトを展開してきました。

実行者にとっては、支援額や支援数からユーザーの反響やトレンドが一般販売前に分かるというメリットもあります。

Engadget

そういった状況から、各流通販路やセレクトショップなどからユーザーの人気を集めたMakuake商品について一般販売に関する取扱い希望の問い合せが増えているそうです。

法人ニーズに応える為に「応援仕入れサービス」展開に向けて、登録したバイヤー会員へMakuakeでの反響を踏まえた商品買い付けの手段を順次提供予定です。

Source:マクアケ