MAMORIO、電池交換対応で維持費6割減の新モデル「RE」

5個セットで販売

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年07月16日, 午前 08:40 in news
0シェア
FacebookTwitter
engadget

紛失防止タグのMAMORIOが新商品「RE」を発表しました。価格は5個セットで1万2400円(税別)。ユーザー側で電池交換を可能とすることで、維持費を大幅に削減しています。

「MAMORIO RE」は、MAMORIOを複数枚購入してあらゆる所有物に入れ込み、徹底的に所有物の紛失を防ぎたい──。そんな複数枚所有のニーズに対応した製品です。

同社の調査によると『MAMORIOシリーズを複数枚利用しているユーザーほど利用満足度が高い』といい、本機はそうした複数所有を前提として5個セットで販売します。

engadget

1万2400円という価格は一見すると強気ですが、本機の最大の特徴は、ユーザー側で電池を交換可能とすることで、ランニングコストを大幅に抑えた点です。

engadget

従来のMAMORIOシリーズは電池交換に対応しておらず、電池が切れるたびにMAMORIOを買い換える必要がありました。5個を3年間利用した場合、おおよそ3万5000円のコスト(本体代)が必要でした。

一方の「MAMORIO RE」なら、5個セットで販売するほか、電池が切れても本体を買い換えなくて済むため、3年利用時のコストは1万2400円と、従来モデルより約64%も抑えられるといいます。

engadget

Bluetoothの有効距離は従来モデルの60mから30mに半減していますが、アプリ側で改良を加えることで、遜色のない使い勝手を実現したといいます。

本体の表面には「MAMORIO」ロゴは一切印字されていません。これは、MAMORIOの認知度が高まったことから、窃盗などで同タグを抜かれるリスクを懸念したもの。カラーも黒1色で汚れが目立たないようになっています。また、5個セットで販売するため、各MAMORIOを見分けるためのシールを同梱します。

初回限定のキャンペーンとして、数量限定で1万2400円のところ、35%オフの7980円で販売するキャンペーンも実施しています。

Source:MAMORIO

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter