ソニーネットワークコミュニケーションズは12月14日、スマートホームサービス「MANOMA(マノマ)」の新料金プランとして「ライトプラン」の提供を開始しました。

MANOMAは、Amazonの音声アシスタントAlexa搭載の「AIホームゲートウェイ」と「室内コミュニケーションカメラ」を軸に、用途に応じて複数の機器を組み合わせて、住居を防犯対策対応のスマートホームにできるサービスです。

新たに開始したライトプランでは、ITリテラシーが高くない人でも使えるように、AIホームゲートウェイを不要にし、簡易的な機器構成にしたのが最大の特徴。具体的にはマルチファンクションライト、リモコン、スマホ、アプリ、無線LAN(WiFi)環境があれば利用できます。

主な機能は、ライトのリモコンとスマホを使い、双方でボイスメッセージを送受信できることに加え、人感センサーを使用した侵入者検知や、セコム駆けつけサービスに別途、申し込むことで訪問を要請したりできます。ほかにも、ライトに内蔵の温湿度センサーを使い、設定値を超えるとスマホに通知する機能を搭載します。

月額基本料金は3938円(税込み、以下同)で、別途、初期事務手数料の3850円や機器の分割代金(初回1472円、2〜36回目までは月々1310円)が必要です。ただ、月額基本料金と機器代金にかかる費用に特典が適用されるため、2年間は2728円、3年目以降3938円で利用できます。

ソニーネットワークコミュニケーションズによりますと、ライトプランは、外出先から宅内にいる人と会話したり、高齢者の見守りなどに使うことを想定しており、電話で申し込める訪問サポートも提供することで、機器の初期設定や操作に抵抗を感じる人も取り込む狙いです。


source:ソニーネットワークコミュニケーションズ