カメラ搭載ラジコンとスイッチで遊ぶ『マリオカート ライブ ホームサーキット』発表。自宅がARでコースに

セガ スーパーサーキットみたいなやつ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月3日, 午後 11:13 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter
Nintendo
Nintendo

スーパーマリオ35周年を記念して、任天堂がラジコンとニンテンドースイッチを組み合わせて遊ぶARトイゲーム『マリオカート ライブ ホームサーキット』を発表しました。

パッケージに含まれるのはカメラを搭載したカートのラジコンと、コースを作るゲートや矢印看板、ゲームソフト本体(ダウンロード)。

Nintendo
Nintendo

カートはニンテンドースイッチと無線接続することで、搭載カメラの映像を見ながら主観視点で操作できます。

Nintendo
Nintendo

自分でゲートを設置することで、家の床などに自由なコースを設定可能。カメラでゲートを認識してゲームソフト側に反映されるため、自分の家をコースにデジタルなライバルやアイテムもある拡張現実マリオカートが遊べる仕組みです。

Nintendo
Nintendo

さらにカートとスイッチを持ち寄ることで、マリオカートの醍醐味であるマルチプレーヤー競争にも対応。実際にカートをぶつけ合い、物理レースとゲーム内レースが融合します。

Nintendo
Nintendo

価格はカート1台とゲートなどサーキット作成キット、ゲームソフトのパッケージで9980円+税。カートだけが違うマリオセットとルイージセットを用意します。発売は10月16日。

Nintendo
Nintendo

スーパーマリオ35周年にあわせたハードウェア新製品としては、ゲーム&ウォッチ スーパーマリオもあります。

任天堂『ゲーム&ウォッチ』復活。スーパーマリオ35周年記念のカラー新作を限定生産

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: nintendo, nintendo switch, Mario Kart, mario kart live home circuit, AR, RC, toy, news, tomorrow, entertainment, gaming, gear
0シェア
FacebookTwitter