火星の南極にさらに3つの地下湖を発見か。生命の存在は意見分かれる

非常に塩っ辛い水があるそうです

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年09月30日, 午前 11:20 in Mars
0シェア
FacebookTwitter
NASA/JPL-Caltech
NASA/JPL-Caltech

火星の南極には白い氷冠があります。2018年には、その氷冠の地下およそ1.5kmのところに地下湖があるとの報告がScience誌に掲載されて話題を呼びました。そしていま、科学者らはその地下湖周辺にさらに3つの塩水湖がみつかったと考え、そこにもしかすると生命が存在しているかもしれないと考えています。

Scienceのニュース記事によると、2018年の発見で研究チームを率いていたイタリア・ボローニャの天体物理学研究所(INAF)の科学者ロベルト・オロセイ氏は、中央の地下湖が約600平方kmにおよび、非常に多くの塩分を含むため凍結していないと考えています。そして欧州宇宙機関(ESA)のMars Expressオービターが2010年から2019年にかけて、レーダーで氷冠を観測したデータから、オロセイ氏のチームは氷の下に反射率が高く非常に平坦な領域を見つけました。そこには、大きな地下湖が存在することとをさらに裏付けるのに加え、その周囲を取り囲むようにいくつかの小さな池も存在すると、調査結果で報告しています。

ただ、そこで疑問となるのが、薄い大気と地表温度が非常に低い火星で液体の水がどうやって存在できるのかということ。5万年ほど前までの火星では、地軸の傾きが頻繁に変化し、火星の南極部も非常に温かい時期があったとされます。その時期に、地下の氷が溶け、非常に塩気を含む地下湖ができあがった可能性があるとのこと。あるいは氷冠ができる前はそこが大きな湖だった可能性もありえます。

研究者らは、非常に塩分の高い水は再び凍結させるのが難しいとしています。冬場に道路に撒く凍結防止剤の主成分が塩化ナトリウムで、それが塩分による水の凝固点降下作用を利用して凍結を防いでいることを考えるとそのとおりかもしれません。

オロセイ氏は、塩分濃度がたかすぎれば生命が存在できないかもしれないものの、かつて火星上にいた生命がこれらの湖の環境に合わせて進化しているとすれば、この湖が「生命を存続させる”ノアの箱舟”になっている可能性がある」と述べています。

とはいえ、この赤い大地で湖は存在しないと考える研究者もいます。NASAのMars Reconnaissanceオービターに携わる惑星科学者ジャック・ホルト氏は、水が液体のままでいられるほどの熱の流れが火星表面付近にアルトは思えず、さらに氷の下で液体の水があったとしても、必ずしも生命が存在するとは限らないと述べています。

またモンタナ州立大学の環境科学者ジョン・プリスク氏は、塩分濃度が海水の5倍を超えるようなら、そこに生命は存在できないとNature誌に語り、火星南極の氷冠付近に生命がいたとしても「塩漬けになっている」だろうとしています。

source:Nature News


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Mars, liquid water, ESA, Mars Express, news, gear
0シェア
FacebookTwitter