非接触でボタン操作できる空中タッチパネル、マクセルが開発

コロナ時代に注目

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年07月27日, 午後 08:10 in maxell
0シェア
FacebookTwitter
engadget

マクセルは、非接触でボタンを操作できる空中ディスプレイ「Advanced Foloating Image Display」を開発しました。2021年の市場投入を目指します。

「Advanced Foloating Image Display」は、光の反射を利用し、何もない空中に映像を表示する空中ディスプレイです。マクセル独自技術「LLIS」を採用しています。

この「LLIS」はLCDに対応した映像光制御技術で、映像光を任意の方向に導くことが可能。これに、日本カーバイド工業の再帰光学部材を利用することで、高輝度かつ高コントラストな表示を実現したといいます。

また、空中表示面をタブレット端末並みの精度で操作可能。空中スイッチやジェスチャーなどの空中操作を実現しています。

engadget

マクセルは同ディスプレイについて、今年後半からの市場調査を経て、2021年に「Advanced Floating Image Display」として市場投入する方針です。さらに、現在開発中の 3D 映像表示技術とあわせ、デジタルサイネージや車内映像表示システムとして新市場の創成を目指します。

非接触で操作できる同ディスプレイは、ウイルス感染に強い社会づくりにも威力を発揮しそうです。

Source:マクセル

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: maxell, news, gear
0シェア
FacebookTwitter