iPhone

身の回りのものや小物のサイズを知りたいときにメジャーが手元にないけど測りたい。そんなときには「計測」アプリを使いましょう。計測したいものの平面にiPhoneを向けて、測る開始点と終了点をしっかりと合わせるのがコツです。多少の誤差は生じてしまいますが、小さなものやiPhoneを近づけられる低めの棚などの大まかなサイズを知るのに役立ちます。今回は、手動で長さを測る方法や四角形の自動認識機能などをご紹介します。

「計測」アプリを開く

まずは「計測」アプリを開いてみましょう。ウィジェットの検索窓で「計測」と入力すると、アプリが表示されます。また、ホーム画面を左にスクロールした最後の画面にある「Appライブラリ」の検索窓で探しても素早く見つけられます。

iPhone
▲ウィジェットの検索窓で「計測」と入力(左)。下にアプリが表示されるので、「計測」をタップ(右)

手動で計測する

測りたい対象を画面に写すとドットが現れるので、そのドットを、始点としたい場所にiPhoneを動かして合わせます。その状態で下の「+」をタップすると、開始点が設定されるので、終了点にドットを合わせてから「+」を押すと長さが表示されます。実際に測ってみると60センチでした。多少の誤差はあるものの大体の長さが分かります。開始点と終了点がずれないようにしっかりと合わせましょう。

左上の矢印のマークは、一つ前の動作に戻せます。右上のゴミ箱のボタンでは、計測した長さを消去できます。

iPhone
▲中央にあるドットを、始点としたい場所にiPhoneを動かして合わせる。その状態で下の「+」をタップする(左)。終了点にドットを合わせてから「+」を押すと長さが表示される(右)

メモに測った長さをコピ&ペースト

表示された長さをメモしておきたいときには、長さをコピーしましょう。「~cm」をタップして、「コピー」をタップします。「メモ」アプリを開いて貼り付けると、「”メモ”に”計測”からペースト」と現れ、コピー&ペーストが完了です。

iPhone
▲「~cm」をタップして、「コピー」をタップ(左)。「メモ」アプリを開いて貼り付けると、「”メモ”に”計測”からペースト」と現れる(右)

自動的に四角形を認識

四角形のものを計測したいときには、自動認識機能が使えます。iPhoneがサイズを認識すると周りに点線が表示されるので「+」をタップすると、すぐにサイズが表示されます。

iPhone
▲iPhoneがサイズを認識すると周りに点線が表示されるので「+」をタップ(左)。すぐに長さが表示される(右)

計測単位を変更する

計測単位を変えたい場合は、「設定」アプリの「計測」からできます。計測単位を、「ヤード・ポンド法」に変更可能です。

iPhone
▲「設定」アプリを開いて、「計測」を押す(左)。計測単位をタップして変更(右)

開始点がずれてしまうときは、うまく認識できていないのでゴミ箱のボタンを押して測り直しましょう。対象物全体を写したり、離れてみたりして開始点をきちんと合わせるのがポイント。直線のものを測るのに向いており、低めの棚や机などでも計測可能です。iPhoneを近づけられないほど背の高いものや大きい対象物を計測するのは難しく、小物やケースなど小さめのものだとあまり誤差なく測ることができます。