米マイクロソフトは開発者向けチャンネルであるWindows Insiderにて、Windows 11向けの次期標準メディアプレーヤーに相当する「Media Player」の配布を開始しました。


これまでのWindowsシリーズでは、標準メディアプレーヤーとして「Windows Media Player」が搭載されてきました。またWindows 10からは、「Xbox Music」アプリを改名した音楽アプリ「Grooveミュージック」も存在しています。

今回Insider向け配布が開始された「Media Player」は、Windows Media PlayerとGrooveミュージックを統合した位置づけ。動画と音楽の両方の視聴や、プレイリストの作成や管理も可能です。

再生インターフェイスはフルスクリーンとミニプレーヤーの両方が用意されており、再生中にはアルバムアートとアーティストのイメージが表示されます。キーボードショートカットなどの、アクセシビリティにも配慮されています。


これまで利用していたGrooveミュージックのライブラリとプレイリストは、自動でMedia Playerへと移行。Grooveミュージックのアプリ自体も、Media Playerへのアップデートにより置き換えられます。一方でWindows Toolsを利用すれば、従来のWindows Media Playerの利用も可能です。


Windows Media Playerはかなりの長期にわたって、基本的な機能と外観が変わらないアプリの一つでしたが、ようやくその名称を含めて刷新の時が訪れたようです。


Source: Microsoft