思いついたことをすぐに入力したいときに役立つメモアプリ。フォルダを分けずにただメモを増やしていくと、あとで見返したときに目当てのものが探しにくくなりますよね。iOS 15では、タグ付け機能で分類や検索がしやすくなります。ハッシュタグをメモに入力しておけば、あとからタグをたどって関連するメモを探せます。今回は、メモアプリでタグを付けて、検索する方法をご紹介します。

なお、本記事ではiOS 15パプリックベータ版を用いているため、正式版として公開されるものと画面や手順が異なる可能性があります。

メモにタグを付ける

まずは、メモにハッシュタグを入力していきましょう。メモアプリを開いて、新規のメモを作成します。「フォルダ」画面で、右下のアイコンをタップし、タイトルや本文を入力しましょう。

▲「フォルダ」画面で、右下のアイコンをタップ(左)。タイトルや本文を入力(右)

半角の「#」を入力し、検索に使いたいキーワードを続けて打ちます。一文字開けるか改行をすると文字が黄色に変わり、ハッシュタグが有効になります。

▲半角の「#」を入力し、検索に使いたいキーワードを続けて打つ(左)。一文字開けるか改行をすると文字が黄色に変わる(右)

タグで検索する

タグ付きのメモを作成し終えたら、検索してみましょう。「フォルダ」画面にタグのフォルダが表示されるので、気になるものを選択します。すると、選んだハッシュタグが付いたメモのみ表示されます。複数のハッシュタグを選択して検索することも可能です。

▲「フォルダ」画面にタグのフォルダが表示されるので、気になるものを選択(左)。すると、選んだハッシュタグが付いたメモのみ表示される(右)

これまであったキーワード検索機能も便利ですが、タグ付け機能を使えば、検索時にキーワードを入力せずにタップで検索できますよ。

Gallery: メモ検索を超効率化!ハッシュタグがめちゃくちゃ使えます:iPhone Tips【iOS 15パプリックベータ】 | of 4 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>

※パブリックベータ版iOS 15の画面は、取材に基づく特別な許可を得たうえで掲載しています。