iPhone

ささっと思いついたことやタスクを書き込めるメモアプリ。スマホやPCなどを普段使っていて、どこにメモしたか忘れてしまうことはありませんか?

そんなときにはスマホ上でメモしたことをPCでも確認できる便利な機能を使ってみましょう。PCでGmailを開いた際に、メモアプリで記録した内容をGmailの画面上で見られます。メモの居場所を忘れてしまっても、Gmailを開けば確認できます。

今回は、メモアプリとGmailを同期する方法をご紹介します。

メモアプリをGmailと同期する

まずは、メモアプリをGmailと同期させましょう。「設定」アプリを開いて、「メモ」をタップします。そして、「アカウント」へと進みましょう。

iPhone
▲「設定」アプリを開いて、「メモ」をタップ(左)。そして、「アカウント」を選びます(右)

続いて、「アカウントを追加」をタップし、「Google」を選択します。

iPhone
▲「アカウントを追加」をタップ(左)。「Google」を押す(右)

Gmailで使用しているGoogleアカウントにログインしましょう。メールアドレスとパスワードを入力します。

iPhone
▲メールアドレスを入力し、「次へ」をタップ(左)。パスワードを入力し、「次へ」進みます。(右)

ログインが完了したら、「メモ」の右側をオンにします。「アカウント」画面に「Gmail」が追加されたので、同期完了です。

iPhone
▲ログインが完了したら、「メモ」の右側をオンにする(左)。「アカウント」画面に「Gmail」が追加されました(右)

メモアプリでメモする

次に、メモアプリで同期させたいメモを記録しましょう。同期完了後に、メモアプリを開くと、「Gmail」欄が表示されます。「Gmail」欄の「メモ」をタップして、メモしたい内容を入力します。

iPhone
▲「Gmail」欄の「メモ」をタップ(左)。メモしたい内容を入力する(右)

PCのGmailでメモを確認する

先ほどメモした内容をPCのGmailで確認してみましょう。Gmailを開いて、左側の「Notes」をクリック。すると、記録したメモが表示されます。

iPhone
▲Gmailを開いて、左側のメニューからラベル欄の「Notes」をクリックすると、記録したメモが表示される

PC上でNotesに表示されたメモを編集することも可能です。Gmailを使用している人は同期してみてはどうでしょうか。