フリマアプリ「メルカリ」を手がけるメルカリは2月15日、アプリのマイページや、決済サービス「メルペイ」をリニューアルしたと発表しました。

そのなかでも特に注目なのが、メルカリアプリを開くとすぐにコード決済用のバーコードが表示されるようになったこと。店頭でメルカリアプリを起動後、すぐに支払えるので、レジの混雑を減らせるかもしれません。

なお、メルカリはセキュリティの観点からコード決済を利用する際、パスコードを設定することを推奨しています。パスコードを設定しておくと、パスコード認証後にバーコードを表示できます。

mercari
▲メルペイのアイコンはお金(¥)のマークからQRコードのようなマークに変更

「マイページ」では、売上金、残高、ポイント、メルペイスマート払いの利用可能枠を確認できるほか、残高へのチャージやメルペイスマート払いの設定、清算などが行えます。

Source : メルカリ