フリマアプリの「メルカリ」は、権利者が「メルカリ」上に出品された権利侵害品の削除申立手続きを簡略化する「権利者保護プログラム」のWebサイトを公開しました。

権利者保護プログラムは2014年から運用していますが、これまでメールで受け付けていた削除申立手続きをWebサイトの加入者専用フォームから行えるようにしたのが今回の変更点です。

また、権利者保護プログラムへの加入もWebサイトの申込フォームから行えるようになりました。

対象者は、知的財産権を所有する権利者(個人を除く)、権利者団体、信頼性確認団体。対象権利は、商標権、意匠権、特許権、著作権、肖像権、パブリシティ権、育成者権。

メルカリは、権利者との迅速な連携を強化したいとし、今後も24時間365日対応の監視体制などを通じて、権利侵害品に関する対応を継続していく考えです。


Source : メルカリ