メルカリ子会社のメルペイが「メルペイスマートマネー」の提供を開始しました。

「メルペイスマートマネー」は、メルカリとメルペイの利用実績等をもとに金利・利用限度額が決まる少額融資サービスです。メルカリアプリ内で申込みから審査・利用までが完結する点も売りにしています。

利用限度額は1000円から20万円で、金利は年率3%から15%で変動します。返済にはメルカリのポイントや売上金も利用できます。

「メルカリの取引を丁寧に完了する」「メルカリにたくさん商品を出品する」といった行動によって与信枠が増え、従来の雇用形態や勤続年数といった属性データを用いる場合に比べて、より柔軟な与信を実現できるといいます。

使いやすさにも配慮しており、クレジットカードのリボ払いでみられる『トータルの支払額がわからない』といた不満を解消するため、支払総額や月々の支払額をメルカリアプリ上でわかりやすく表示するほか、期限内であれば月々の支払額も柔軟に変更できます。

メルカリは2017年6月に後払いサービス「メルカリ月イチ払い」の提供を開始して以降、「メルペイスマート払い」など、約4年間にわたって与信サービスを提供しています。今回、そのノウハウを活かし、個人向けの少額ローンサービスにも参入します。

Source:メルペイ