フリマアプリ「メルカリ」は、売れる前の商品の保管と、売れたあとの梱包・発送を代行する配送サービス「あとよろメルカリ便」を12月8日より開始します。

あとよろメルカリ便は、メルカリで出品した商品を提携倉庫に発送することで、その後、商品が売れるまでの商品の保管と、売れたあとの梱包・発送作業を物流企業のオープンロジが代行する配送サービスです。

メルカリによりますと、2020年2月より試験運用していましたが、複数商品の発送代行や倉庫で保管するといった需要があることから、iOSアプリで正式に提供することを決めたといいます。

倉庫へ無料で預けることができるのは最大30品までとなりますが、2か月以内に売れなかった商品は返送され、その際に返却配送料として980円を負担する必要があります。

購入者への配送料は、「宅急便(60〜140サイズ)」が950円から1800円まで。「ネコポス(A4サイズ・厚さ2.5cm以内)」が260円、「宅急便コンパクト(専用BOX・厚さ5cm以内)」が480円です。


source:メルカリ