メルセデス、F1エンジン搭載スーパーカー「Project One」サーキットで全開テスト開始

次はニュルだ

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年08月19日, 午後 08:30 in Transportation
0シェア
FacebookTwitter
Mercedes-Benz
Mercedes-Benz

メルセデスAMGが設立50周年を記念して2017年に発表、市販計画を発表したスーパーカー「Mercedes-AMG Project ONE」が、サーキットにおけるテスト走行を開始しました。このマシンは当代最強を誇るメルセデスAMGのF1マシンとほぼ共通の1.6リッターターボエンジンをミッドシップ搭載、計4基のモーターでそれをアシストするハイブリッドマシンです。

Mercedes-Benz
Mercedes-Benz

4基搭載するモーターのうち2基はフロントタイヤを駆動するものの、残る2基のうち1基はタイヤでなくターボチャージャーをブン回してエンジンに強制的にエアーを送り込む、F1で言うところのMGU-Hの役割を果たします。また最後の1基も、エンジンのクランクシャフトに直接トルクをかけるMGU-Kとして機能します。こうしてこのモンスターマシンは合計で最大1000hpを超えるパワーを絞り出します。

メルセデスが公開した動画では、このとてつもないパワーを全開で路面にたたきつけてサーキットを走行する姿が見られます。もちろん市販車であるため、エンジンはF1マシンほどカリカリにパワーを絞り出しているわけではありませんが、そのサウンドはレースを走るメルセデスAMG F1によく似ています。

このテスト走行では、フルパワーでの走行はもちろん、エアロダイナミクスの動作検証と開発調整も行われています。映像はドイツ・エメンディンゲンのテストコースで撮影されたものですが、このテストにおけるプログラムがすべて完了すれば、次はいよいよ”グリーン・ヘル”こと、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェに向かう計画とのこと。ただし、メルセデスAMGはそこで最速タイムを狙うようなことはしないと述べています。

Mercedes-AMG Project ONEはわずか275台の生産予定。価格は270万ユーロ(約3億4000万円)とされますが、すでにお金をたくさんお持ちの方々で予約は埋まっているので、いまから購入をお考えの場合はキャンセル待ちの列にお並びください。と言っても、発表当時で購入希望者は1000人超と言われていましたが。

一般庶民のわれわれは、いつか「グランツーリスモ7」か「Forza Motorsport」あたりでこのマシンを手に入れて、ニュル最速を狙えればそれで満足です。

Mercedes-Benz
Mercedes-Benz

source:Mercedes-Benz

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Transportation, Mercedes-AMG, Mercedes AMG Project One, Project One, Hybrid, Supercars, Hypercars, Mercedes-Benz, news, gear
0シェア
FacebookTwitter