独メルセデス・ベンツが、コンパクトSUVタイプの新型電気自動車「EQA」を海外発表しました。


EQAは同社のSUV「GLA」をベースとした電気自動車。最初に投入される「EQA 250」には66.5kWhバッテリーが搭載され、486キロメートルの航続距離を実現しています。

また、モーター出力を200kW以上に高めた前輪駆動バージョンや、航続距離を500キロメートルに延長したモデルも投入が予定されています。

インフォテイメントシステムには、フルデジタル化で物理的なボタンを廃した「MBUX」の第2世代版を採用。またインフォテイメントクラスター/インフォテイメントスクリーンは7インチディスプレイ x 2か、10.25インチディスプレイ x 2を選択できます。


EQAのドイツ向けの価格は3万9950ユーロ(約500万円)で、まずヨーロッパ市場向けに2021年春に投入されます。メルセデスが今後投入を予定している次世代EVの入口となるであろうEQA、どれだけ消費者の興味を集めることができるのかに注目です。

Source: Mercedes-Benz

Via: The Verge