電子決済サービスの「メルペイ」は12月24日、2020年9月におよそ60行からのチャージを停止していましたが、本人確認を強化したとして、12月24日、群馬銀行、栃木銀行、長野銀行の3行からのチャージを再開しました。

メルペイは、フリマアプリのメルカリで取得した売上金や、事前登録した銀行口座からチャージして使える電子決済サービスです。メルペイに限らずドコモ口座など、銀行口座連携が可能な電子決済サービスは、2020年9月に、口座を開設する際や銀行口座をひも付ける際の本人確認の甘さを突かれ、預貯金が何者かによって不正に引き出される被害が相次ぎました。

こうした問題を受けて、メルペイやドコモ口座などを含む複数のサービス事業者が銀行口座連携を停止したほか、金融庁が電子決済サービスを手がける各事業者や金融機関に対し、オンラインや窓口での本人確認や対策を強化するよう要請していました。

メルペイでは、すでに会員登録時のSMSによる2段階認証や、犯罪収益移転防止法に基づく本人確認、専門スタッフとシステムの組み合わせによる24時間365日の監視に加え、銀行口座の登録や銀行口座からチャージをする際に、オンラインで本人確認が完結するeKYCを導入しています。

今後は、再開した3行以外の金融機関についても早期に連携を再開できるようにするほか、不正取引が発生する予兆を検知した場合には、迅速に調査や取引制限を実施し、被害の発生を未然に防ぐように努め、万が一不正が発生した場合には、全額を補償するとしています。


source:メルペイ