iPhone

メッセージアプリでグループでの会話をしているときに、どのメッセージに返信しているか分かりづらい。グループチャットで特定の相手に返したい。iOS 14のメッセージアプリならそんな悩みが解決します。メッセージを指定して返信できたり、相手の名前を出すと相手に通知がされたりするようになります。今回は、メッセージアプリで相手やメッセージを指定して返信する方法や、よく使うチャットを上部に固定する方法をご紹介します。

相手を指定して返信する

まずはグループのチャットを作ってメッセージを送信しましょう。メッセージアプリを開いて、右上の新規作成のボタンを押します。新規メッセージの画面が立ち上がるので、宛先を入力します。右の「+」ボタンをタップして「連絡先」から相手を選択するか、直接「宛先」に入力もできます。次に、メッセージの内容を入力します。右にある「↑」ボタンを押して送信。

iPhone
▲メッセージアプリを開いて、右上の新規作成のボタンを押す。右の「+」ボタンをタップして「連絡先」から相手を選択するか、連絡先に登録してある名前を「宛先」に入力(左)。メッセージの内容を入力し、右にある「↑」ボタンを押して送信する(右)

返信が返ってきたら、相手を指定して返信してみましょう。連絡先に登録してある名前を打ち込むと、文字が灰色になります。その部分を押すと、名前の表示された画面が上に現れるのでさらにそれをタップ。すると、名前の部分が青くなります。そのままメッセージを打って送信しましょう。

iPhone
▲連絡先に登録してある名前を打ち込むと、文字が灰色になる(左)。その部分を押すと、四角い画面が上に現れるのでさらにそれをタップ(右)

メッセージを送信すると、名前の部分が太字になって表示されます。これで、「あなたの名前に言及あり」と相手に通知されます。

通知の設定は、「設定」アプリを開いて、「メッセージ」を押し、「名前の言及」欄の「自分に通知」がオンになっているか確認しましょう。

iPhone
▲メッセージを送信すると、名前の部分が太字になって表示される(左)。通知の設定は、「設定」アプリを開いて「メッセージ」を押し、「名前の言及」欄の「自分に通知」がオンになっているか確認(右)

特定のメッセージに返信する

話題が複数出ていてどのメッセージに返信しているのか分かりづらいときに、使える機能です。返信したいメッセージを長押しして、「返信」をタップ。そのまま返信メッセージを打ち込んで送信すると、どの話題に返信したのかがはっきり分かるように表示されます。

iPhone
▲返信したいメッセージを長押しして、「返信」をタップ(左)。そのまま返信メッセージを打ち込んで送信すると、返信したメッセージの下に自分の送信した内容が表示される(右)

よく使うチャットは上部に固定

よく使うチャットはピンで上部に固定しておくと、ほかのチャットに埋もれずにすぐに見つけられます。固定したいチャットを右にスワイプします。すると、ピンが左に現れるのでそれをタップ。これで、一番上に固定できました。

iPhone
▲固定したいチャットを右にスワイプ(左)。すると、ピンが左に現れるのでそれをタップ(右)

特定のメッセージや相手を指定して返信することで、グループでの会話がしやすくなります。よく使うチャットを上に固定することで、さまざまな人とやりとりしていても、すぐそのチャットが見つけられ便利です。ぜひ新しい機能を試してみてください。