iPhone

「メッセージ」アプリでメッセージを送るとき、ステッカーやミー文字以外にも送信できるものがあるのをご存知ですか?「Digital Touch」は、メッセージでアニメーションを送れる機能です。会話をさらに楽しく、華やかにできます。

画面をなぞったりタップしたりすると、画面上にアニメーションが表示され、それを送信することができます。すぐに絵や文字などを描いてその様子を送りたいときや気持ちをアニメーションで表現したいときに便利。今回は、メッセージアプリでDigital Touchを使う方法をご紹介します。

メッセージアプリで「スケッチ」を使う

メッセージアプリで「スケッチ」を送信してみましょう。1本指で描いている様子を相手に送れます。

まずはメッセージアプリを開いて、右上のアイコンをタップ。続いて、宛先を入力しましょう。

iPhone
▲メッセージアプリを開いて、右上のアイコンをタップ(左)。続いて、宛先を入力する(右)

メッセージ入力欄をタップして、下に表示される右端のアイコンを押します。そして、丸い部分をタップして色を選択します。

iPhone
▲メッセージ入力欄をタップして、下に表示される右端のアイコンを押す(左)。そして、丸い部分をタップして色を選択(右)

1本指で絵を描き、右にある矢印アイコンを押せば、送信できます。送信すると、描いている様子がアニメーションで表示される仕組み。描いたものを消したいときには「×」をタップすればやり直せます。

iPhone
▲1本指で絵を描き、右にある矢印アイコンを押す(左)。送信完了(右)

ジェスチャを使ってアニメーションを送信する

スケッチのほかにも、タッチやタップなどのジェスチャをして、アニメーションを送信することが可能です。ここでは、「ファイヤーボール」を送ってみましょう。 1本指でタッチして押さえたままにすると、ファイヤーボールが表示されます。そして指を離すと相手に送信が完了します。

iPhone
▲ 1本指でタッチして押さえたままにすると、ファイヤーボールが表示されます(左)。そして指を離すと相手に送信完了(右)

ほかにも、心臓の鼓動が表示されるものやハートが割れるアニメーションなどがあります。シチュエーションや好みに合わせて使ってみてください。