Oculus
Oculus

Facebook社が『Meta』に改名という分かったような分からないような大ニュースと共に、VRヘッドセット『Oculus Quest』利用者や志望者には大きな朗報がありました。

Facebookから『Meta』への変更、メタバース事業への注力方針にともない、VRヘッドセット『Oculus Quest』は『Meta Quest』に名称が変わり、使用にFacebookアカウントとの紐付けが不要になります。

Oculus Quest 2 (Amazon)

Facebook Meta

Facebook(社)からMetaへの改称についてはこちらの記事をどうぞ。

Facebookが「Meta」(メタ)に改名。メタバース・ファーストのソーシャル技術企業へ

雑に要約すれば、

  • Questのようなヘッドセットや、将来の軽量シースルー型ARメガネなどの新技術で実現する「メタバース」は、デスクトップPCからモバイルへの変化で新しいインターネットサービスが生まれたような次世代のパラダイム。画面を見つめるインターネットから、現実とネットの融合へ。

  • メタバースではお互い自宅にいながら遠方の家族友人同僚と対面のようにやりとりできるなど、人と人とのつながりが根本的に変わる。

  • 創業以来、人と人とのつながりを専業にしてきたFacebook社は、すべてのサービスやアプリを大きく変えるこのメタバースの実現に注力する。独占良くないから他社も参入できる相互運用とかガバナンス制度設計からちゃんと考える。

  • 社名が Facebookのままだとこの方針が伝わらないので、Facebookはあくまで1サービスとして、何をする企業なのか分かりやすいよう「Meta」に改名する。

という感じ。

ともかく、インスタや WhatsAppと並んでOculusも抱えている状態から、Oculusを起点に新しいコンピューティングの世界「メタバース」を実現すべく全社で取り組む体制、VRを含む新技術とその社会実装にさらに注力してゆく姿勢が明確になりました。

一方で、社名がメタバースのMetaになった以上、OculusのブランドはMetaとの関係が分かりにくいため廃止。『Oculus Quest from Facebook』からシンプルに『Meta Quest』 へ。

こうしたブランド変更と組織変更に伴い、Quest ヘッドセットのユーザーから不評だった Facebookアカウント必須の方針も変更になりました。

Meta の VR / AR部門責任者 Andrew Bosworth氏の Facebook投稿によると、この変更はVRコミュニティからのフィードバックを受けて、社内的に最優先事項のひとつとして取り組んできた課題。2022年には複数の新たなログイン方式を提供します。

具体的な方式は不明。ですが、複数の新たなログイン方式とされていることから、名称だけ変わった Metaアカウントとの紐付け必須というわけではないようです。

Meta Questへと製品名が変わる2022年には、着用者の目線を反映するアイトラッキングや、薄いパンケーキ光学系といった仕様を備えたハイエンドのVRヘッドセット「Project Cambria」も発売予定。実名登録が求められるFacebookアカウントとの紐付け方針が嫌だった利用者や購入検討者には嬉しい知らせです。

Oculus Quest 2 (Amazon)

Oculusブランド消滅。VRヘッドセットは『Meta Quest』へ

Facebook改めMeta、次期ハイエンドVR「Project Cambria」22年発売 メタバースに最適化