iPhone認証済コントローラに新モデル。「SteelSeries Nimbus+」がAppleストアで発売

L3/R3対応になりました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月14日, 午後 01:00 in gamepad
0シェア
FacebookTwitter
Nimbus+

ゲーミングデバイスメーカーSteelSeriesが、MFi認証コントローラーの新モデルNimbus+を発表。Appleストアで販売が開始されています。価格は8800円(税別)で、執筆時点では6月5日以降のお届け予定となっています。

Nimbus+は、2015年に第4世代のApple TVとともに発売されたワイヤレスゲームコントローラーNimbusの後継モデル。見た目的にはホームボタンの左右に専用のメニューボタンとオプションボタンが追加され、ボタンの配色が変わった程度と、マイナーアップデートな印象です。

ただ、実は左右のジョイスティックが押し込み対応(L3/R3対応)になっている点が特徴。実質的なボタン数増加となるため、ゲーム好きな人にとって大きな変更と言えるかもしれません。このほか、バッテリー持ちも従来の40時間から50時間にアップしています。

もう一つ新しいポイントとしては、iPhoneをマウントするための専用クリップが付属します。なお、現行モデルでのユニークな特徴であった、充電がLightningコネクタで行える点は従来通りです。

SteelSeries Nimbus+

対応コントローラーがあれば、Apple Arcadeなどでのプレイが捗りそう……ではありますが、実は既報のとおりiOS 13からは、PS4用のデュアルショック4やXbox Oneコントローラーなどに対応済み。これらのジョイパッドと比較すると、8800円(税別)という価格はやや厳しいものを感じますが、MFi認証を受けている安心感が最大のウリでしょうか。

ただし、これからコントローラーやiPhone用マウントをそろえるという人にとっては、これだけ買えば済むという本機は、お買い得と言えなくもなさそうです。

source: Apple Store

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gamepad, steelseries, controllers, nimbus, apple tv, nimbusplus, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents