Mi 11 Lite 5G
Mi 11 Lite 5G

日本でも発売予定のシャオミ製スマートフォン Mi 11 Lite 5G 香港版を試用しました。日本モデルとの大きな違いは FeliCa の有無。本体サイズやカメラスペックは同等です。

Mi 11 Lite 5G は6.55インチのフラットなディスプレイを搭載。リフレッシュレートは90Hzまで対応します。フロントカメラはディスプレイ左上に配置され2000万画素と高解像度。指紋認証センサーは右側面の電源ボタン上にあるので、右利きの人は親指、左利きの人は人差し指を登録するといいでしょう。

MiHK
6.55インチディスプレイを搭載

本体カラーはトリュフブラック、シトラスイエロー、ミントグリーンの3色展開。今回試用したのはミントグリーンです。背面はホワイトのベースにクリアなミントグリーンの素材で覆った仕上げで、透明感があり夏にピッタリな色合いです。シトラスイエローも同様の仕上げです。トリュフブラックは一般的な単色仕上げになっています。カバーがなくても指紋の跡がほとんど目立たない表面仕上げになっています。

MiHK
ミントグリーンカラー

カメラは6400万画素メイン(広角)と800万画素の超広角、500万画素のテレマクロ。マクロは3cmから7cmまで近寄ることができます。カメラ部分の突起はそれほど目立たないと感じました。四隅を落とした正方形の台座の上に、6400万画素と800万画素カメラが縦に2つならび、その部分がさらに出っ張っています。

MiHK
カメラ部分は2段階のでっぱり

シャオミによると Mi 11 Lite 5G は世界最薄の5Gスマートフォンとのこと。重量も159gと軽量です。実際に持ってみると6.55インチディスプレイのスマートフォンとは思えぬ軽さ。ディスプレイサイズが大きいこともあり体感的にはものすごく軽量で、ハンドリングしやすいと思いました。胸ポケットに入れても重さが気になりません。

MiHK
手に持つと軽さに驚く

SIMカードスロットは本体底部。デュアル nano-SIM カード対応でSIMスロット1+「SIMまたはMicro SDカード」の排他スロット。トレイはSIMを上下に装着するタイプです。価格を抑えたモデルですが、Redmiシリーズとは異なり3.5mmヘッドフォン端子は本体の下部、上部には備えていません。

MiHK
SIMカードトレイは両面方式

OSはAndroid 11ベースのMIUI12。2021年6月27日時点で香港販売品のバージョンはMIUI 12.5.1.0。チップセットはクアルコムSnapdragon 780G、RAM6GB、ROM128GBの基本性能は日本モデルと同じです。AnTuTuのスコアは464890でした。

デバイス基本情報とAnTuTuスコア
デバイス基本情報とAnTuTuスコア

下に作例を掲載します。なお通常撮影は1200万画素相当、6400万画素への切り替えはモードの「その他」から切り替えます。動画撮影に関しては今風のVLOGモードなどを備えます。今回はベーシックに風景や物撮りをしてみました(すべて横1200ピクセルにリサイズ)。

MiHK
1倍で撮影

MiHK
2倍撮影。2倍ならPCの画面でも粗さは目立たない

MiHK
超広角撮影。0.6倍で引きで撮れる

MiHK
ポートレートモードでボケ効果を最大にしてみた。ボケの度合いは十分

MiHK
5cmまで花に近寄ってマクロ撮影。水滴もしっかり写っている

MiHK
光がやや少ない室内で果物を撮影
MiHK
室内で銅像を撮影

Mi 11 Lite 5G は、軽量なボディーとディスプレイのフラットな形状が持ちやすく、常に手で持っていても疲れませんでした。カメラ性能はスナップ写真などの撮影に適しています。高倍率な望遠が必要ならより上のモデルを選べばいいでしょうが、Mi 11 Lite 5G の2倍撮影でもある程度満足できるでしょう。5G対応で必要十分な性能を持ったスマートフォンが欲しい人に向く製品といえそうです。


関連記事: