マイクロソフト、反アップル連合に賛同した「Windowsアプリストア10の原則」を発表

ただしXboxを除く

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年10月9日, 午後 02:00 in Microsoft
0シェア
FacebookTwitter
App Store
Microsoft

米マイクロソフトは「選択、公平性、革新を促進する」ためと銘打って、自社のWindows向けMicrosoftアプリストアにつき10の原則を発表しました。本原則は、EpicやSpotify、Tile等がアップルやGoogleらにアプリストアのルールを改善するよう求める「アプリ公平連合(CAF)」に賛同する動きとされています。

MSのリマ・アライリー副社長は8日(米現地時間)に公開したアプリストアに関するブログにて、これまで「他のデジタルプラットフォーム上のアプリストアに関する懸念を表明」したことを確認。それを実践すべくCFAの提唱に基づき、Windows 10向けMicrosoftストアでの10の原則を採用すると述べています。

名指しこそされていませんが、原則の文面はほぼアップルを指差したも同然の内容となっています。まず1つ目の「開発者はアプリ ストアを通じて Windows 用アプリを配布するかどうかを自由に選択できます。Windows上の競合するアプリストアはブロックされません」から、アップルがサードパーティ製アプリストアを許可しないことを示唆しているもの。

そして2つ目の「開発者のビジネス モデルに基づくWindows アプリ、またはコンテンツがデバイスにインストールされているか、クラウドからストリーミングされているかなど、コンテンツとサービスの配信方法に基づいて、アプリをブロックしません」は、App Storeが一度は他社のストリーミングゲームサービスを却下した後、容認するとしながら事実上クリアが困難な制約を課したことに向けられていると思われます。

ほか「開発者がアプリ内での購入処理に使用する支払いシステムに何を選んだかで、アプリをブロックすることはありません」や「開発者が販売したくないものをアプリ内で販売するよう強制しません」などは、どこの企業の何ストアを指しているかは言うまでもないでしょう。

さらにWindows 10アプリ向けにはMicrosoftストアのほかにもSteamやEpicなどサードパーティ製アプリストアという選択肢があること、開発者はさまざまな収益分配の条件や、自ら制限なくアプリを配布できることも主張。ブログ内では「アップル」という言葉を使わず、あらゆる手法でApp Storeのありようを浮かび上がらせています。

ただし、これら原則はXboxシリーズ向けには「ゲーム機のビジネスモデルはPCや携帯電話とは大きく異なる」から適用されないとの但し書きもあり。その理由としては、ゲーム機メーカーがハードウェア開発に多大な投資を行い、コスト以下または非常に低い利益率で売ることでゲーム開発者らが恩恵を受けられる市場を作り出しているから、と主張されています。「ハードウェアに多大な投資を行っている」点はiPhoneも共通しているはずですが、ともかくゲーム機ビジネスに飛び火することを避けたい意図はうかがえます。

今回のMSによる宣言が、反アップル連合といえるCAFや、GAFAの事業分割を主張する米議会の動きに弾みを付けるのか。今後の展開を見守りたいところです。

Source:Microsoft


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Microsoft, Windows 10, Microsoft Store, Apple, appstore, Epic Games, antitrust, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents