Microsoft Edge
Microsoft

Microsoftは2月16日(現地時間)、Edgeブラウザに子供が安全にウェブブラウジングを行えるキッズモードを追加し、DevチャネルとCanaryチャネルのEdge Insider向けに提供を開始しました。WindowsとMacOSで、米国英語でのみ利用出来ます。

キッズモードを利用するにあたり、とくに子供用のアカウントなどを作成する必要は無く、Edgeのプロフィール選択画面から有効にできます。シークレットモードを利用するようなイメージです。キッズモード中はEdgeが全画面で起動し、キッズモードを終了するには、PCのロックを解除するのと同じパスワードが必要です。

キッズモードでは、追跡防止機能を備えたBingセーフサーチが有効になるほか、子供向けのカスタムテーマが利用可能。また、サイトアクセスについては、許可したサイトのみアクセス可能なホワイトリスト形式で、サイトを追加するにもパスワードが必要となります。

Windows自体にキッズモードが適用されるわけではなく、あくまでもブラウザのみですが、遠隔学習などで子供がPCを利用する機会も増えており、少しでも安心して使わせたいと考えている親にとっては歓迎すべき機能かもしれません。

via: Windows Cemtral

Source: Microsft